アルフィー(1966)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
アルフィー(1966)
アルフィー(1966)

アルフィー(1966)

1967年12月1日公開
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

原作は舞台で大当りをとったビル・ノートンの喜劇で、彼自身が脚色、「女になる季節」のルイス・ギルバートが監督した。撮影はビル・カートリッジ、音楽はモダン・ジャズ界の大御所ソニー・ロリンズが担当。出演は「泥棒貴族」のマイケル・ケイン「いつか見た青い空」のシェリー・ウィンタース、ミリセント・マーティン、「長距離ランナーの孤独」のジュリア・フォスターほか。製作はルイス・ギルバート。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アルフィー(M・ケイン)は、ロンドンのイースト・エンドの汚ないアパートに住んでいたが、身なりだけは素晴らしく、スキがなかった。それというのも彼は女性が好きで、女性の好みにしたがって身なりをかえたり、それにふさわしい態度をとる習慣が出来上っていたからだ。最初に征服したのはシディ(M・マーティン)であった。次がギルダ、彼女が結婚した時にはショックだった。そのショックがぬけきらない時、アルフィーは自分の肺が結核におかされていることを知った。療養生活はありがたくなかった。だが担当の女医は美しかったし、看護婦にもかわいこちゃんが大勢いたから楽しかった。退院したアルフィーはある日、となりのベッドにいたハリーを見舞った。そこには欲求不満顔の彼の妻リリーが来ていた。そしてアルフイーは早速モーションをかけるのだった。アルフィーは転々と職をかえた。その間、彼は金持の女ルビー(S・ウィンタース)や、アニーという娘を知ったが、楽観的な彼の予想とは逆に、ルビーはしばらくするとアルフィーより若いギタリストを見つけていたし、アニーはボーイフレンドに連れ去られてしまった。いったい俺の魅力はどうなったのだろう。こんなことは今までになかったことだ。と考えるアルフィーの目の前にシディが現われた。最初の女だ。そしてたちまちデートの約束が出来上った。

作品データ

原題
Alfie
製作年
1966年
製作国
イギリス
配給
パラマウント

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?