狂った大陸 これがアメリカだ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

狂った大陸 これがアメリカだ

1967年8月25日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

一連の残酷ドキュメントを撮ってきたイタリア映画界が、今度は文明国家アメリカにカメラを持ち込み、その実態をとらえた長編記録。監督はルイジ・バンツィ。撮影は「続・タブウ 快楽と神秘」のベニト・フラッタリ、ベイルド・ブライアント、モートン・ヘイリング、ジョアン・ラッシュの四人が共同で当り、音楽はアルマンド・トロバヨーリ、「南海の楽園」のフランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。製作はアルフォンソ・サンソーネ、ヘンリック・クロスチキ。日本語解説は小沢栄太郎。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

現代文明の先端を行くアメリカ合衆国の実態を、ジャーナリズム根性に徹したイタリア人の視線が鋭く追い、現代文明一般に対する批評ともなっている長編記録映画である。主な内容は次の通り。○宇宙に向ったフロンティア・スピリット○放浪する奇妙な町○アメリカの神話-石油とハリウッド○東洋宗教のブーム○秘密結社クー・クラックス・クラン○立ちあがる黒人たち○明日なき町リタイアメント・タウン○プーア・ホワイトと富める黒人○二十世紀のインディアンの生活○アメリカ・ナチス党○黒い回教徒ブラック・モスレム○真夏の悪夢ワッツ街の暴動○異端の若者たち

作品データ

原題
America God's Own Country
製作年
1966年
製作国
イタリア
配給
日本ヘラルド映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?