恋する女(1987)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恋する女(1987)

1987年公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ノルマンディの海岸沿いにある別荘に集まった娘たちの恋愛ゲームを描く。製作はアンヌ・マリー・プリユールとクリスティーヌ・ルノー、ニコール・バイイ、監督・脚本・台詞は「小さな赤いビー玉」のジャック・ドワイヨン、共同脚本・台詞はジャン・フランソワ・ゴイエ、撮影はカロリーヌ・シャンペティエとカトリーヌ・ストレム、音楽はリタ・ミツコが担当。出演はマリアンヌ・キュオー、オーレル・ドアザンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ノルマンディ、カプールの海岸にあるヴァネッサ(ヴァレリア・ブルーニ・トデッシ)の別荘に集まった6人の娘たち。他に近くのミニゴルフ場で出会ったエルザ(エヴァ・イオネスコ)と、恋人のマチウ(マルク・シティ)と共にやったきたオード(オーレル・ドアザン)も彼女たちに合流した。彼女たちはそれぞれに恋人との問題を抱えていた。その中のカミーユ(カトリーヌ・ビドー)は、マリー(マリアンヌ・キュオー)のために、ディック(ドミニク・グールド)というアメリカ人青年に声をかけ、ふたりを近づけようと策を弄する。やがて彼からの電話でヴァネッサがパリへ戻ると、他の娘たちもひとり、またひとりと別荘を後にし、残ったのはマリーとディック、カミーユ、エルザの4人。カミーユとエルザはふたりの恋愛を成就させようと手を尽くす。そしてマリーはデイックと共に別荘を去った。残ったカミーユとエルザも、また。

作品データ

原題
L'Amoureuse
製作年
1987年
製作国
フランス
配給
ユーロスペース

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?