泳ぐひとのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

泳ぐひとのレビュー・感想・ネタバレ・評価

1969年9月9日公開,95分

ユーザーレビュー

4.0
  • rikoriko2255

    ペンギンのヨッド

    4.0
    2017/7/10

    10代の時にこの映画を観て、たまらなく悲しくなったが、今観ると更に底知れぬ恐怖をも感じてしまう。と、言うのもこの映画の主人公が最初は単なる変わり者だと思っていたら、かなり身分の高いセレブで、幅広い人脈のやり手のビジネスマンだと判ったからだ。そんな男が常日頃、自慢していた女房や子供たちも連れず、なぜ一人で知人の家々のプールを渡り歩こうとしたのか?しかも知人のセリフの端々で、かなり金に困っている様子だとも・・そう言った知人のセリフの数々を繋ぎ合わせると破産して失踪した男の様にも見えてきて、つまり気が触れてしまって「泳ぐひと」になったのか・・!?マルチな俳優のバート・ランカスターだからこそ、こんなミステリアスな人物像が築けたのだ。しかし、当時の批評は「プール付きの家を持てない日本人にはわからん」だと!映画評論の基準っていったい・・・?

    違反報告
1/1