風雲のシベリヤ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

風雲のシベリヤ

1933年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シベリヤ鉄道の中程にあるポロヴィーナという駅で、アタマン・アンニェンコフは土賊や百姓を集めて新政府に対抗した。新政府はイワンを派して彼等の動静を探らせる。地主はアタマンについたが百姓等は遠ざかろうとしていた。アタマンは村を掠奪放火し、イワンの父は捉えられ、妹は逃げたが国境で逮捕される。この娘の銃殺を命ぜられたのはカシムであったが、良心に責められてかえってアタマン軍の中尉を射殺した。彼は逮捕され、惨虐な体刑を受ける。アタマンが阿片に酔いしれているとき、イワンは重要書類を盗み出す。このため形勢不利となったアタマン軍は中国方面へ退却を始める。イワンはカシムを助け、父も妹も無事なるを知り喜び勇んで追撃の先頭に立った。

作品データ

原題
The Last Attaman Ann n Kovsehina
製作年
1933年
製作国
ソ連
配給
三映社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?