殺人カメラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

殺人カメラ

1991年3月16日公開,83分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人を殺すことのできるカメラが小さな漁村に巻き起こす騒動を描いた喜劇。監督はロベルト・ロッセリーニ、製作はロッセリーニとルイジ・ロヴェレ、エドゥアルド・デ・フィリッポとファブリッツィオ・サランザーニの原案を基に脚本はセルジオ・アミディ、ジャンカルロ・ヴィゴレッリ、フランコ・ブルザーティ、リアナ・フェッリとロッセリーニの共作、撮影はティノ・サントーニとエンリコ・ベッティ・ベルッティ、音楽をレンツォ・ロッセリーニが担当。出演はジェンナロ・ピサノ、マリリン・ビュフェルほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリア南部の小さな漁村に暮らす気のいい写真屋チェレスティーノ(ジェンナロ・ピサノ)はある日店を訪ねてきた聖アンドレアと名乗る謎の老人から、カメラで撮影するだけで悪人を殺すことのできる能力を授かる。この力を使い彼はまず村を牛耳る警察署長、次に高利貸しの老婆マリアを死地に追い込むが、マリアの遺産の相続人が村で最も貧しい3人と指定されていたことで、さらには村に持ち上がったアメリカ人によるホテル建設計画も加え、欲に溺れた村人たちが織りなす騒動は拡大してゆく。チェレスティーノはカメラで悪人を次々と消してゆくが、事態は一向に改善しない。そんな中、彼に力を与えた例の老人が現われ、実は自分は悪魔なのだと告白する。チェレスティーノは彼に十字の切り方を教え、悪魔も改心するのだった。

作品データ

原題
LA MACCHINA AMMAZZACATTIVI
製作年
1952年
製作国
イタリア
配給
大映
上映時間
83分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?