ザ・コミットメンツ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・コミットメンツ

1991年12月21日公開,118分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ソウル・バンドとしての成功を夢みるアイルランドの若者たちの姿を描く青春群像ドラマ。製作総指揮はアーミァン・バーンスタイン、トム・ローゼンバーグとスーター・ハリス、製作はロジャー・ランドール・カトラーとリンダ・マイルズ、監督は「愛と哀しみの旅路」のアラン・パーカー、撮影はゲイル・タタソール、音楽はG・マーク・ロスウェルが担当。出演はオーディションで選んだ無名の新人達を中心に、ロバート・アーキンズ、マイケル・アーニー、アンジェリン・ボール他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ダブリンに本物のソウル・バンドを作りたいと夢みるジミー(ロバート・アーキンズ)は、同じ夢を持つデレク(ケネス・マクラスキー)、アウトスパン(グレン・ハンサード)と共にメンバー集めを開始する。へべれけに酔って豪快な歌いっぷりを披露していたデコ(アンドリュー・ストロング)をスカウト、募集広告を見てやってきたサックスのディーン(フェリム・ゴームリー)、ドラムのビリー(ディック・マーシー)ピアノのスティーブン(マイケル・アーニー)、エルビスやビートルズともプレイしたことがあるという中年のトランペッター・ジョーイ(ジョニー・マーフィ)を採用、仲間うちの憧れの女性イメルダ(アンジェリン・ボール)とその友人ナタリー(マリア・ドイル)、バーニー(ブロナー・ギャラガー)をコーラスに誘う。未熟者のよせ集めではあったが、ジミーを中心とした屋根裏部屋でのレッスンを重ね、数ヵ月後、この“ザ・コミットメンツ”はいよいよダブリン市民会館の舞台へ。拙い演奏ではあったが、彼らのビートは少年たちの胸に訴えるものがあった。その後もぐんぐん腕を上げていくのと平行に、グループ内の恋愛問題、意見の違いなど、摩擦が生じ始める。スター気取りのデコとぶつかったビリーはついにバンドを辞め、代りに用心棒のちょっと危いミッカー(デイブ・フィガネン)がドラマーとして参加する。“ザ・コミットメンツ”の人気はどんどん高まり、レコーディングの話も舞い込むが、メンバーの間の亀裂はもはや修復のしようもなく、ジミーはバンドを諦めることに。やがてメンバーはバラバラになり、それぞれ別の道を歩んでゆく。そしてジミーは全てを失いながらも、何かを掴んだことを確信するのだった。

作品データ

原題
The Commitments
製作年
1991年
製作国
アイルランド
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?