プロヴァンス物語 マルセルの夏|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プロヴァンス物語 マルセルの夏

1991年8月24日公開,105分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

19世紀末の南フランスに生まれた少年マルセルとその周りの人々の交流をノスタルジックに描いた心優しきヒューマン・ドラマ。本作と「マルセルのお城」の二部作で成っている。監督は「ぐうたらバンザイ!」のイヴ・ロベール、脚本はロベールとジェローム・トネール、ルイ・ヌスラの共同、撮影はロベール・アラズラキ、音楽はウラジミール・コスマが担当。「愛と宿命の泉」の原作者マルセル・パニョルの回想録が基になっている。出演はフィリップ・コーベール、ナタリー・ルーセル、ジュリアン・シアマーカほか。2018年8月4日よりデジタルリマスター4K版が順次公開(配給:オンリー・ハーツ)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一八九五年、マルセルは南フランスのマルセイユに近いオーバーニュに生まれた。父のジョゼフは小学校教師、母のオーギュスティーヌはお針子をしている美しい女性であった。マルセルが3歳のとき、一家はサン・ルノーに引越すが、その頃彼は字が読めるようになり、早熟を心配した母は、6歳になるまで字を読む事を禁じてしまった。やがて彼にポールという弟ができた。1900年、妹が生まれ、マルセルの世話をしていたローズおばさんが結婚した。そしてマルセル9歳の夏、一家は田舎の別荘を借りる事にした。病弱な母に新鮮な空気を吸わせるためだ。そこはまるでおとぎの国、マルセルにとって生涯で最も美しい日々の始まりでもあったのだ。初めての自然との対話、全てが幸福に満ちあふれている……。しかし、夏が終わり秋が訪れると、都会に帰りたくないマルセルは“仙人”になろうと父母に別れの手紙を書き、別荘を抜け出すが、急に怖くなってもどってきた。手紙は元のまま置いてあったが、朝食のとき、父は「きっと“仙人”の綴りも書けないだろう」とささやき、ハッとするマルセルを母は厳しく、そして優しくみつめていた。その日、降り出した雨は涙のようにマルセルの心を濡らした。かくして夏は終わり、マルセルは両親の大らかさに触れる事で、一つ大人になっていったのだった。

作品データ

原題
LA GLOIRE DE MON PÉRE
製作年
1990年
製作国
フランス
配給
アルバトロス
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ema

    5.0
    2009/3/1

    時代は20世紀を迎えようとしている南フランスの大自然の中で、9歳の少年が叔父夫婦と家族と過ごしたひと夏の思い出が情景豊かに描かれる。
    原作者マルセル・バニョルの回想録。

    小学校の教師である父と病弱な愛情深い母を敬愛する少年マルセルの目を通して、都会の生活と田舎の暮らしを、大人の嘘、生きる知恵を、そして荒野で出会った同じ年頃の少年りりとの友情を…

    貧しいけれど美しい片田舎の大自然と純粋で心優しい村人たちとの交流を惜しみなく描きだしている。

    他愛のない大人たちの会話や、子どもたちの素朴な疑問さえも懐かしさと畏敬を覚えてしまう。子どもたちの愛らしい表情も作品の魅力となっている。

    違反報告