裸のランチ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

裸のランチ

1992年7月4日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

59年に発表され、その先鋭的言語表現とドラッグ感覚に濃く彩られた内容で一大センセーションを巻き起こしたウィリアム・バロウズの同名小説の映画化。バロウズの愛読者で、映画化の企画を長年温めていたという「戦慄の絆」のデイヴィッド・クロネンバーグが監督、脚本を手がけ、製作は「シェルタリング・スカイ」のジェレミー・トーマス、撮影は「戦慄の絆」のピーター・シャシスキーー、音楽は「ビッグ」のハワード・ショアが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1953年、ニューヨーク。ウィリアム・リー(ピーター・ウェラー)は害虫駆除の仕事をしていたが、殺虫剤が減るのが早すぎることに気づく。妻ジョーン(ジュディ・デイヴィス)が麻薬として使用していたのだ。ある日、麻薬捜査官に連行されたウィリアムの前に巨大な-虫-バグが現れ、彼に話しかける。スパイ活動と報告書提出、さらにインターゾーン商会の回し者だというジョーンの殺害を指示されるが、ウィリアムはバグを叩き潰して逃げ出す。友人に紹介されてウィリアムはベンウェイ医師(ロイ・シャイダー)を訪ね、ジョーンのために、中毒に効くというムカデのパウダーをもらってくる。帰宅してジョーンとウィリアム・テルごっこをするが、彼の撃った弾丸が誤って彼女のこめかみに命中、ジョーンは死亡する。家を飛び出したウィリアムの前にマグワンプと名乗る怪物が現れ、タイプライターを手に入れてインターゾーンに行き、活動報告書を送るように命令。指示通りインターゾーンに向かうと、今度はタイプライターが自ら動き出してゴキブリとタイプライターが合体したようなバグライターに変身。ウィリアムはこの街でホモセクシャルのイヴ(ジュリアン・サンズ)やアメリカ人作家トム(イアン・ホルム)とその妻ジョーン(ジュディ・デイヴィス二役)らと出会う。死んだ妻に瓜二つのジョーンを誘惑するようバグライターから指示を受けたウィリアムが彼女とベッドにもぐり込むと、家政婦ファデラ(モニーク・メルキュア)が烈火のごとく怒って部屋に入ってきた。インターゾーンの秘密を探るうち、ファデラが重要な鍵を握る人物と分ってくる。インターゾーンの麻薬工場へ行ったウィリアムは、そこでファデラの正体がベンウェイ医師であることを知る。彼はベンウェイと取り引きして、アネクシア国で彼の事業を手伝う代わりにジョーンを護り受けることにする。ウィリアムとジョーンは車でアネクシアに向かった。国境で警備兵に職業を問われたビルは作家と答える。証拠を見せろと言われたウィリアムは、ジョーンとウィリアム・テルごっこをして彼女を射殺。アネクシアへ迎え入れられるのだった。

作品データ

原題
NAKED LUNCH
製作年
1991年
製作国
イギリス カナダ
配給
松竹富士
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/31

    原作はウィリアム・S・バロウズの同名小説。だが内容はそのままではないそう。主人公は害虫駆除を仕事にしている、小説家志望のウィリアム。仕事で使っている害虫駆除薬を麻薬として使い出してしまったところから幻覚を見始める。ゴキブリとムカデとその他色々気色悪いビジュアルのもの達がうじゃうじゃ出てくる、麻薬中毒者の悪夢的映像。幻覚は困るがぶっ飛んだ想像力の発揮だけは羨ましい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告