マルメロの陽光のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マルメロの陽光のレビュー・感想・ネタバレ・評価

1993年4月10日公開,139分

ユーザーレビュー

5.0
  • rikoriko2255

    5.0
    2018/8/27

    すごく良かった。スペインの画家アントニオ・ロペス・ガルシアがマルメロの木の絵を描く。季節は秋から冬へと変わっていき、絵は完成しないままマルメロは熟し、腐る。静かで単調だから退屈に感じるかもしれないが、人生を考えさせられる。カンヌで「この小さな庭には世界の全てがある」と絶賛されたらしいがその言葉にすごく納得した。若く綺麗なマルメロは勿論いいが、熟しきって地面に落ち、しわが増え、やがて土に還るマルメロにはいいようのない生命感、強い美しさを感じた。最後の詩のような語りも良かった

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
1/1