愛獣 赤い唇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛獣 赤い唇

1981年9月25日公開,68分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

五年間の刑務所生活を終えて、昔の仲間を訪ね歩く元コールガールの姿を描く。脚本は西脇英夫と古都元の共同執筆、監督は「モアセクシー 獣のようにもう一度」の加藤彰、撮影は「あそばれる女」の米田実がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コールガールだった礼は仲間の罪をかぶり、五年の刑務所暮しを終え、今、出所した。礼は恋人であり、自首をすすめた藤山組の高村を訪ねるが、組はすでに解散、彼は前田興行にいることを知る。新宿を歩く礼は、昔の仲間、ユキに出会い、彼女の所に転がり込んだ。ユキは新二というヒモと暮し、昔の稼業からアシを洗えない。夜、礼の体を求めて拒まれた新二は、ユキに「礼を叩き出せ」と当った。礼は堅気になっているという奈美を訪ねた。奈美は元ヤクザの仁と二人で「六番館」という店をやっており、礼に店を手伝ってほしいと歓迎する。その夜、礼は高村に会い、五年間の欲情をぶつけた。ある日、新二はユキから、奈美、ユキ、礼が藤山組の組長の息子を殺害し、礼が一人罪をかぶってム所入りしたことを聞いた。新二は奈美に過去をネタに金をせびろうとホテルに呼び出した。強引に奈美を犯す新二に、事実を知った仁は何も出来ない。新二の帰った後、奈美は高村から口止めされていた真相を仁に話した。彼女たちの攻撃に気絶した組長の息子の止めを刺したのは高村だったのだ。奈美は喋べらないことを条件に堅気になれた。その頃、礼は高村のマンションで旅に出る仕度をしていた。その時、新宿の路上では、新二が奈美に路上に突き飛ばされて殺された。礼の背後に高村が現れ、強姦のようにインサートしていく。ベッドの上に激しく絡み合う二人に、仁が忍び寄り、高村の背中に包丁を突き刺した。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
1981年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
68分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?