天使のはらわた 赤い淫画|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天使のはらわた 赤い淫画

1981年12月25日公開,67分

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

不本意にもビニ本のモデルにされてしまい、恋人に去られ、会社も辞めさせられて堕ちていく女の姿を描く。石井隆の原作の映画化で、脚本も石井隆、監督は「ひと夏の体験 青い珊瑚礁」の池田敏春、撮影は「あそばれる女」の前田米造がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

デパートに勤める名美は、友人からバイトを紹介され、適当に遊ぶ彼女は軽い気持ちで応じた。しかし、仕事はビニ本のモデルで、名美はカメラマンに強引に裸にされてしまう。「赤い淫画」と題されたそのビニ本は大ヒット、彼女のアパートに変な電話がかかったり、不審な男につけられるようになった。モデルになったことで、見知らぬ男たちにつけ回される恐怖が彼女を包んだ。やがて、上司の阿川と情事を続ける名美は、奥さんにバレて別れさせられ、ビニ本が会社で話題になって辞めさせられてしまった。数日後、健三という男から名美に電話が入った。健三はビニ本の名美に魅せられ、彼女を追っていたのだ。必死に想いをうちあげる健三に、堕ちていく予感を抱きながらも、翌日のデートを約束した。男は皆同じ、もう一度、騙されついでにと、健三に賭けたのだ。約束の日、健三の隣の家の娘が暴漢に襲われ殺された。その辺は下着泥棒や暴漢が出没し、娘の父は健三を殺人犯と疑い、猟銃を発砲した。一方、名美は約束の時間を過ぎても健三を待っていた。「若い男が血だらけで死んでいる」と行き交う人の話を耳にしながら名美は帰ろうとしたとき、傷口を押え、苦しそうに立っている健三を見つけた。ニッと笑う健三に、名美は安心すると同時に、涙がとめどなく流れてきた。

作品データ

製作年
1981年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
67分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    4.0
    2019/7/10

    時代が令和になり、あらためて観ると、昭和の時代が感じられる。新宿の飲み屋街、ラブホテルのテレビ、百貨店の店舗設計。あそこに自分も生きていた。大衆的栄華と、乗り切れない鬱屈。そんな時代を感じるとともに、当時ファンだった泉じゅんの純愛。とても、見応えのある映画である。音楽も適度な商業的気だるさが、とてもいい。また、栗田洋子の軽さも時代を象徴。あまり考えないことが、この時代を生きる術だったのかもしれない。

    違反報告