TAN TANたぬき|MOVIE WALKER PRESS
MENU

TAN TANたぬき

1985年4月27日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

山奥の森の中からやって来たタヌキの化身であるアイドル・グループ・チェッカーズを描く。脚本・監督は「チ・ン・ピ・ラ」の川島透、撮影は「お葬式」の前田米造がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

山奥の森の中、超能力を持つタヌキたちが平和に暮らしていた。だがある日、ロバート・クラムをボスとする国際的陰謀団オペレーション・ランプーンが彼らを襲った。クラムたちは、タヌキの超能力を悪用しようとしていた。タヌキの中の七匹は人間に化けて、貨物列車に忍び込み、大好きな音楽への熱い想いを胸に東京に向かう。彼らを見送る妹分のタヌキ・ポンは、通りかかったカメラマン冬木と、彼の恋人のDJ由美と出会い、冬木のもとに身をよせることになった。チェッカーズは、マネージャー芝山と出会い、超スピードでスーパースターとなっていった。しかし、無意識にタヌキが持つ超能力を使ってしまい、かつてオカルト番組で名を売ったTVディレクター矢尾に正体をしられてしまう。ある日、一人家に残っていたフミヤが行方不明になった。彼はオペレーション・ランプーンによってハワイに誘拐され、敵の本部に監禁された。彼らは檻の中に入ると超能力が使えないのだった。冬木と共にハワイに来ていたポンは、フミヤの危機をテレパシーで受信。彼を追うが一味に捕まってしまう。フミヤがハワイにいることを知った残りのメンバーは、救出に向かった。そして、敵の本部に忍び込み、超能力で自分たちの体をミニチュア化して、無事にフミヤとポンを救出した。帰国した彼らは、予定していたコンサートの中止と、チェッカーズがタヌキであることが全国に報道されたことを知る。芝山は、以前からタヌキだということに気づいていたが、それでも君たちが好きだったと告げ、ラスト・コンサートを行おうと提案した。冬木、由美、ポンの見守るなか、コンサートは行われ、その様子は街中に流れた。そして、チェッカーズはタヌキであることを最後に告白するのだった。彼らは芝山から贈られたピンクのキャデラックに乗って人間世界に訣別しようとする。ところが「タヌキだっていいじゃない」と涙ながらに訴えるファンの大群衆に囲まれた。歓声と拍手のなか、キャデラックはもと来た道へとUターンをはじめた。

作品データ

製作年
1985年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?