淫乱な関係|MOVIE WALKER PRESS
MENU

淫乱な関係

1976年4月14日公開,69分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

昼は普通のOL、夜はパンマとなって稼ぐ女の夜の生態を描く。脚本は「大江戸 (秘)おんな医者あらし」の大工原正泰、監督は「発禁肉蒲団」の白井伸明、撮影は「SEX野郎 (秘)移動売春」の山崎敏郎がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昼間はしとやかな銀行員である洋子は、夜は金髪かつらのパンマとして、毎晩、変態的な男たちを相手にしていた。というのも、洋子は男にだらしがない母と共に暮しているのだが、彼女にいい結婚話があるので、母を何とか自立させようと、その資金稼ぎのために屈虐的なパンマの仕事をしているのだ。だが、この結婚話も母に壊され、さらに母の情夫に犯されたため洋子は母と別れた。しかし、数日後、情夫にあり金を持ち逃げされ捨てられた母が、洋子のところへころがり込んで来た。怒り狂う洋子だが、やはり母を突き離すことができず、警察の目をくぐりながら、昼は銀行員、夜は金髪パンマとしての生活を続けるのだった。

作品データ

製作年
1976年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
69分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?