喜劇 百点満点|MOVIE WALKER PRESS
MENU

喜劇 百点満点

1976年10月2日公開,94分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現代社会の一つの象徴と縮図である予備校を舞台にした、笑いと涙の人生コメディ。昭和11年、芸能界に第一歩を踏み出して以来、今日まで映画、演劇、テレビ、ラジオ、レコードと幅広く活躍してきた森繁久彌の芸能生活四〇周年記念映画である。脚本は高橋玄洋と監督も兼任の松林宗恵、監督の松林宗恵は、社長シリーズなど一連の森繁喜劇を二十一本撮ったベテラン。撮影は「挽歌(1976)」の村井博がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人生意気に感ずる生き方を身上とするのがこの映画の主人公、北上大三である。彼は、東京の代々木駅にほど近いとある場所に予備校を開設して、自ら学長に納まっている。だが、彼の仕事といえば生徒の事故処理ぐらいで、どうやら実権は理事長の磯貝あきと事務局長の末春に握られているようだ。もともと、この土地は大三がスーパーマーケットを開こうと思っていた所で、いまも彼はその夢が捨てきれない。さて、その北新予備校も開校一年目を迎えて、いよいよ総決算ともいうべき大学受験のシーズンとなった。いままでは順風満帆、生徒は押すな押すなの大繁盛。今年も東大を狙う十数年浪人の西原啓作から、ハーレーを乗り廻す田舎の大金持ちの息子、原口康太郎までにぎやかな顔ぶれが揃っている。それというのも、美川講師以下、講師陣にスターを揃えた結果のようだ。しかし、大三には一抹の不安があった。それは、彼らが無理矢理集めた花形講師ばかりなので、誰ひとり親身になって講義をしていないことだった。国立一期校の合格発表の日。そんな大三の不安が現実となって現われた。現場からのトランシーバーの連絡は、「桜散る」ばかり。遂に、北新陣は全滅した。合格者の名札につける赤いバラの花が、空しく机の上に積まれたままだった。大三は意を決して、いよいよ陣頭に立って生徒たちの身上相談をすることにした。だが、どうもうまくゆかない。生徒たちからからかわれるばかりだった。大三は古い人間なのだ。彼の息子の洋平は、実は戦友の忘れ形見であった。その洋平は、生徒たちのあこがれの的のスチュワーデス、静子と婚約した。娘の宏子には、軟派の大学生、早川がとりついている。いまや大三にとって、事業と家庭の両方から大きな波が近づいている。そして、早・慶を始めとする私立大学の合格発表の日がいよいよ近づいてきた……。

作品データ

製作年
1976年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?