トラック野郎 男一匹桃次郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トラック野郎 男一匹桃次郎

1977年12月24日公開,104分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マドンナに夏目雅子を迎えたシリーズ六作目は、舞台を九州に移し、剣道三段の女学生に恋する桃次郎の活躍を描く。脚本は「空手バカ一代」の掛札昌裕と「トラック野郎 度胸一番星」の鈴木則文、監督も同作の鈴木則文、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

熊本の青果市場で桃次郎と金造は、C調トラックを運転する電吉と知り合う。電吉のおごりでフグ料理を食べるが、桃次郎はフグ中毒にかかってしまう。この地方に伝わる解毒法といわれ、土の中に埋められた桃次郎の目の前に、女子大生の小早川雅子が現れる。一方、金造は築地の酒場の仲居和代の気をひこうとしているのを女房に見つかり、離婚を訴えられる。剣道の九州大会に出場する雅子を会場まで送ろうとする桃次郎の前に、タンクローリーを運転する袴田太一が現れ、雅子を連れ去った。袴田は雅子の姉の夫であった。友人の借金の保証人となった袴田は、借金を返すことができなかった友人のために生活に破綻をきたし、妻と別れたのであった。捜しあてたものの、意地をはり、太一のところへ戻ろうとしない由紀を桃次郎は説得し、彼と再会させる。一方、雅子は、結婚を誓った恋人・村瀬が不運の連続から海外に旅立とうとしていたため、心中は穏やかではなかった。桃次郎が雅子に求婚するが、村瀬の存在を知らされる。そして、村瀬は六時間後に鹿児島空港から出発するという。愛する人の元へ向うように桃次郎は雅子に話すと、彼女をトラックに乗せ、鹿児島空港へと驀走していった。

キャスト

菅原文太

菅原文太

星桃次郎

愛川欽也

愛川欽也

松下金造

夏目雅子

夏目雅子

小早川雅子

浜木綿子

浜木綿子

袴田由紀(和代)

左とん平

左とん平

花山電吉

湯原昌幸

湯原昌幸

毒島一郎

野村昭子

野村昭子

おかね

加藤嘉

加藤嘉

小早川助左衛門

多田よしつぐ

多田よしつぐ

袴田隼人

佐藤晟也

佐藤晟也

横綱

相馬剛三

相馬剛三

地獄丸

武藤章生

武藤章生

関東無宿

誠直也

誠直也

桜島

宮城健太郎

宮城健太郎

呼子狼

須賀良

須賀良

唐津丸

団巌

団巌

南州丸

宮地謙吾

宮地謙吾

佐賀錦

沢田浩二

沢田浩二

大阿蘇

清水照夫

清水照夫

南明無情

幸英二

幸英二

久留米の虎

奈辺悟

奈辺悟

不知火丸

津野途夫

津野途夫

草千里

城春樹

城春樹

遠州丸

桐原信介

桐原信介

津軽富士

青木卓司

青木卓司

薩南慕情

亀山達也

亀山達也

きりしま丸

奥村真悟

奥村真悟

死の貴公子

宮崎靖男

宮崎靖男

歌磨

叶優子

叶優子

テル美

城恵美

城恵美

ナオ美

相川圭子

相川圭子

マス美

小山由紀

小山由紀

イサ美

水谷亜紀

水谷亜紀

てる子

山本友子

山本友子

友子

佐久田晴美

佐久田晴美

とし江

南利明

南利明

写真屋

比良元高

比良元高

支配人

長門勇

長門勇

鬼塚

日尾孝司

日尾孝司

愚連隊A

佐藤京一

佐藤京一

愚連隊B

大前田武

大前田武

愚連隊C

司裕介

司裕介

愚連隊D

高橋利道

高橋利道

愚連隊E

桂歌丸

桂歌丸

法尾守男

三遊亭小円遊

三遊亭小円遊

無井無策

大木悟郎

大木悟郎

医師

ばってん荒川

ばってん荒川

ばってん姿さん

笑福亭鶴光

笑福亭鶴光

神主

河合絃司

河合絃司

世話人

市川好朗

市川好朗

パトカーの警官

野村勝夫

野村勝夫

市場の事務員

山田光一

山田光一

村瀬の隣人

春川ますみ

春川ますみ

松下君江

梅地徳彦

梅地徳彦

松下幸之助

梅津昭典

梅津昭典

松下幸次郎

白鳥雅子

白鳥雅子

松下美智子

菊地優子

菊地優子

松下華子

大久保純

大久保純

松下幸三郎

吉田梨花

吉田梨花

松下サヤ子

東剛

東剛

松下幸四郎

吉崎勝一

吉崎勝一

松下幸五郎

吉田絵梨

吉田絵梨

松下幸六郎

各処由美

各処由美

松下由美

堺正章

堺正章

桜野大門

清水健太郎

清水健太郎

村瀬薫

若山富三郎

若山富三郎

袴田太一

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?