出張トルコ また行きます|MOVIE WALKER PRESS
MENU

出張トルコ また行きます

1978年4月1日公開,69分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

敏腕なソープランド社長が、銀行員上がりの野心に燃える風俗嬢と結婚した事から、彼女に社長の座を奪われる。脚本は「四畳半・猥褻な情事」の中野顕彰、監督は「夜這い海女」の藤浦敦、撮影は「肉体の門(1977)」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

美人ぞろいとアイデア豊富な商法が話題をよび、ソープランド「花散里」は連日盛況を続けていた。社長の北見は女系家族のなかで育ったため、女性を意の如く使ってみたいという願望から、ソープランドの経営を始めたのであった。漫談家の馬場風斉は「花散里」の支払い未納の代償として、風俗嬢ならぬソープボーイの労働をしいられる。風斉のソープボーイは盛況であったが、ある日、年増の客、重子が現われ、しつこく風斉を責めたため、彼は逃げだしてしまった。北見は銀行員・英子を口説き、自分の店の風俗嬢にさせる事に成功する。世界一周旅行の野心に燃える英子は、ひたすら稼ぎまくった。女性を卑下しながらも英子を愛し始めていた北見は、遂に彼女にプロポーズする。英子は北見の財力めあてに、彼と結ばれた。いつしか英子は「花散里」の社長の座につき、北見は彼女の奴隷となりはてたのだった。

作品データ

製作年
1978年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
69分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?