ブルークリスマス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブルークリスマス

1978年11月23日公開,134分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

UFO(未確認飛行物体)を目撃した人々の血が青くなり、そのような人間が増加したら、その時、アメリカ大統領が苦悩の末、決断した計画とは……その中で展開される人間の愛と苦悩を描くSF。脚本は「冬の華」の倉本聰、監督は「ダイナマイトどんどん」の岡木喜八、撮影は「姿三四郎(1977)」の木村大作がそれぞれ担当している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九七八年二月、京都国際科学者会議において、UFO及び宇宙人の存在の有無について演説した兵藤教授は、数名の外国人に連れ去られた。国防庁参謀本部の沖と原田は沢木のひきいるUFOとその目撃者に対処するための特殊部隊に転属された。沖は理髪店に勤める西田冴子にひかれていた。日本国営放送(JBC)の南一矢は、五代報道局長の命をうけて、兵藤教授の失跡事件の調査をはじめた。新人女優、高松夕子は、JBCの大型ドラマのヒロインに抜てきされ、幸福の絶頂にあった。一方、夕子の恋人、週刊誌記者、木所は友人の南に「夕子の血が青い」と相談するが、南は一笑にふす。世界各地でUFO目撃の情報が飛びかい、同時に、UFOを見た人間の血が青くなるとの噂が広まった。その頃、ロックバンドが来日、その歓迎パーティに出席した夕子は麻薬不法所持のぬれぎぬをきせられ、逮捕される。ドラマをおろされた夕子をなぐさめに行った木所は、夕子の顔が異様な青色に変色しており、木所は恐怖に部屋をとび出した。夕子は木所の気持を知って、自ら命を断つ。ニューヨークで兵藤博士との密会に成功した南は、博士の語る秘密--世界各国の首脳は、青い血の人間はもはや人間ではなく、人類の敵であるという噂を故意に流している--に息をのむ。調査を進める南に、日本大使館から帰国命令が下り、日本に帰ると、五代の取材中止命令が待っていた。東京は国民血液総点検に反対する学生デモで揺れ動いていた。街にクリスマスソングが流れはじめた頃、世界各国からUFOの大量飛来をつげるニュースが続々と伝えられてきた。緊急に開かれた国連秘密理事会は、アメリカ大統領の決断のもと、恐るべき極秘指令が全世界に発せられた。重大任務を前にして冴子と会った沖ははじめて冴子を抱いた。そして沖は冴子の血が青いことを知る。街にジングルベルが流れている。パリの支局に働く南は、公園のベンチにすわる老人の前で足をとめた。「兵藤博士!私です!」うつろな目で南を見あげる老人の帽子のかげから、真新しいロボトミー(脳細胞摘出手術)の傷跡がのぞいた。十二月二十四日--街々は純白の雪におおわれていた。飛ぶように売れるクリスマスケーキ、はじけるクラッカー。それは一見、いつもと変わらないクリスマスの風景だった。しかし〈時〉は刻一刻と迫っていた。恐怖と戦慄をはらんで〈ブルークリスマス〉のイブが静かにふけていく。

作品データ

原題
BLUE CHRISTMAS
製作年
1978年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
134分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?