天使のはらわた 赤い教室|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天使のはらわた 赤い教室

1979年1月16日公開,79分

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

暴行現場を8ミリで撮られ、それがブルーフィルムとして街に出まわってしまったことから、地獄のような生活を余儀なくされた女の姿を描く。週刊ヤングコミックに連載中の石井隆の同名劇画の映画化で前作「女高生 天使のはらわた」に続くシリーズ第二作目。脚本は石井隆と「博多っ子純情」の曽根中生の共同執筆、監督も同作の曽根中生、撮影は「ハワイアン・ラブ 危険なハネムーン」の水野屋信正がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

息抜きに来た温泉町でブルーフィルムを観たポルノ雑誌の編集者村木哲郎は、迫真の“演技”でレイプされる女に釘付けになってしまった。その女の“顔”は村木の使っているモデルからは想像も出来ないものだった。東京に帰った村木は、早速女の居所をつきとめようと心当りを捜すが、結局見つからなかった。ある日、撮影でラブホテルに行った村木は、そのホテルで受付をしているあの“女”士屋名美に出会う。村木は名美に、ブルーフィルムで観たあなたの顔が忘れられない。雑誌のモデルになってくれと頼むが、彼女にとって、そのブルーフィルムは忌わしい思い出でしかなかった。それは、彼女が学生時代に実際に強姦されたとき撮られたもので、その後、それを見た男たちは、それをネタに彼女に近づいてくるのだった。拒む彼女をなんとか説得した村木は明日の再会を約束して別れた。しかし、翌日、村木は雑誌のことで警察に呼ばれ、名美との約束の場所に行くことが出来なかった。それから三年が過ぎ、村木は結婚をして、女の子も生まれた。ある日、仲間と場末のバーに繰り出した村木はそこで、街頭の女になり果てた名美に出くわした。しつこく追う村木を、名美は、ヒモのマー坊を使って店から叩き出すのである。翌日、二日酔の頭を抱え、名美のいる店を尋ねた村木は、マー坊に手ひどく痛めつけられてしまう。名美が止めに入ったときには意識も薄らいでおり、目覚めたとき、村木は店の二階で寝かされていた。そして、隣室から洩れる異様な声に気づき、ふすまの隙間から覗くと、そこで、名美とマー坊が客の前で白黒ショーを演じている。マー坊の果てた後、次々と群がる客を相手にする名美を、村木は見ることが出来なかった。客の帰った後、名美をここから救い出そうとする村木の言葉に、名美はどうしようもない思いに、言葉を荒げた。二人は互いの思いを振りきるように、背を向けて去って行くのであった……。

作品データ

製作年
1979年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
79分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2019/12/25

    水原ゆう紀が、綺麗だ。汚れ役に挑戦して、頑張ってる。昭和らしい場末の飲み屋感も漂う。カウンターの、オールドや、マイルドセブン。
    墜ちてゆく女を救えない蟹江敬三。男の視点に合わせているのが、日活らしさ。そこは好きではないが、水原ゆう紀はいいなあ。

    違反報告