Mr.ジレンマン 色情狂い|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Mr.ジレンマン 色情狂い

1979年10月6日公開,70分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

会社では風采が上がらず、家でもダメオヤジの男がある日突然変身、メチャクチャ暴れるピンクコメディ。笠太郎の同名の漫画の映画化で、脚本は「スーパーGUNレディ ワニ分署」の荒井晴彦、監督は「泉大八の女子大生の金曜日」の小沼勝、撮影は「宇能鴻一郎の女体育教師」の前田米造がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

万年課長補佐の岩田勘太郎は会社では無能呼ばわりされ、家ヘ帰っても妻の百恵、息子の哲夫、娘のユカリになじられ、ののしられている。ある日、ラッシュの通勤電車の中で、偶然が重なって、ズボンが脱げてしまい、興奮した彼の一物が女子高生の口へという事件が起こった。運悪く部下の野口に一部始終を見られてしまい、会社ではその尺八事件でもちきり。「我が社の恥」と激怒する専務の樫山に平身低頭する岩田を、女子社員の榊原は優しくなぐさめた。飲み屋のママ千代も岩田を優しくむかえてくれる。泥酔気味で家に帰った岩田に家族は冷たく、その晩、岩田は心密かに大変身を誓う。料亭、花車で秘書と大奮闘中の樫山。そこへ、赤いブーツにマントを翻し、Mrジレンマンが現われ、二人にホースで水を浴びせると、脱兎のごとく去っていった。翌日、岩田が出社すると、榊原嬢が秘書課に配属されることになっていた。好色社長の餌食に、バージンが危い、岩田はジレンマンに変身、社長に正義の鉄槌を下す。それからというもの、ジレンマンはレデイスサウナやマンションに出没、精力絶倫の大乱行。しかし、岩田は、常々の素行に疑問を持たれ、野口に尾行されていた。一方、千代は樫山に妾になれと迫られ、寝たきりの母をかかえて四苦八苦の彼女は仕方なく、その申し出を受ける決心をする。千代はその晩、岩田を店に呼ぶと、事情を説明し、日頃彼に対し抱いていた思いを告げると体を開くのだった。激しく絡み合う二人。岩田は千代の心根にうたれ「血は精液よりも薄し」と家族との絶縁を決意する。そして、その旨を告げようと家に電話を入れると、ユカリの叫びが聞こえるではないか。店を飛び出す岩田。家の中では、全裸で百恵と哲夫が縛られており、まさにユカリを犯そうとしているジレンマンがいた。にせジレンマンと岩田の大死闘は結局、岩田の勝利に終った。痙攣して失神したそのにせジレンマンの正体はなんと野口であった。

作品データ

製作年
1979年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
70分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?