ルパン三世 カリオストロの城|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ルパン三世 カリオストロの城

1979年12月15日公開,100分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヨーロッパの小国カリオストロ公国の秘密を暴くルパン三世の活躍を描く劇場用シリーズ第二作目。脚本は宮崎駿と山崎晴哉の共同執筆、監督は宮崎駿、作画監督は大塚康生が担当。2014年5月9日より音声を5.1ch化したデジタルリマスター版をリバイバル公開。2017年1月20日よりMX4D版を公開(配給:トムス・エンタテインメント)。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人口三千五百人、世界一小さなカリオストロ公国の田舎道をボロ車でドライブしていたルパンと次元はクラリスという美女を助けた。彼女はカリオストロ公国・大公家に残された最後の娘で、カリオストロ伯爵は彼女を強制的に妻に迎え、公国の権力をひとり占めにしようと狙っていた。ルパンに助けられたクラリスは再び捕えられてしまう。ルパンは、召使いとして城内に忍び込んでいた不二子の手引きで、彼女の閉じこめられている塔に潜入、彼女を連れて逃げ出そうとすると、床が開いて地下室へ落下。不二子が裏切ったのだ。排水口から脱走するが、辿りついたところは、地下の造幣工場。金を必要としている世界の権力者のためのニセ札の製造だ。これが四百年もの間、カリオストロ公国が大国から侵略も受けずに存続していた秘密だった。ルパンは火を放ち、城は火の海となった。しかし、一旦は奪還したクラリスがまたして、捕まってしまい、カリオストロと彼女の結婚式が行なわれようとしていた。伯爵の企みは成功するかに見えたが、大司教になりすましたルパンが登場、伯爵の謀略は失敗に終るのだった。

作品データ

製作年
1979年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ゆたんぽ

    5.0
    2021/7/8

    ルパン好きへの入り口になった作品。アニメ時代から観てきた方と話すと「この作品のルパンはルパンではない」と口を揃えて言われたが個人の意見としては関係ないと思う。各キャラクターの個性を残しながらストーリーを観られる。映画音楽に興味を持たせてくれる作品でもあった。この作品を元にアニメ制作を目指した人も多い。歴史に残る作品だから今でもロードショーで再放送される事が多いのだと思う。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    5.0
    2014/5/11

    「映画館で観よう」とTV放送をスローしてきたので、本日初観賞
    なんて、あたたかい映画
    セル画な映像も優しい
    ルパン一家みんなカッコ良くて優しくていいやつ
    全部のセリフがアカ抜け~銭形のとっつぁんのセリフも泣かせる
    キャラ揃いすぎで皆んな主役級だし、話のテンポもメチャ良くて、最後の「完」の文字もレトロでグッド
    ジャパニーズアニメを世界に自慢したくなる、いい事だらけの作品
    凄く好き!この作品

    違反報告