青春喜劇 ハレンチ学園|MOVIE WALKER PRESS
MENU

青春喜劇 ハレンチ学園

1970年5月2日公開,82分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

永井豪の同名漫画をもとに、現代の断絶を徹底的にカリカチュアライズした喜劇。脚本は「残酷おんな情死」の山崎巌と「喧嘩博徒 地獄の花道」の鴨井達比古が共同執筆、監督は「女の警察 国際線待合室」の丹野雄二。撮影は「斬り込み(1970)」の高村倉太郎が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

今日は「聖ハレンチ学園」の卒業式。居並ぶ在校生の中には、山岸、袋小路、風間、柳生みつ子の顔が、一方教師側には校長以下荒木、吉永、木戸の神妙な顔がみえる。「仰げば尊し」の歌声は流れているものの、歌っているのは教師だけで生徒たちはまったく無視した態度。そこへ教育委員到着の知らせが入ったが校長はこの醜態を見せては、補助金打ち切りになりかねぬと無事卒業式は終了したと報告し、教育委員の目をごまかすのだった。山岸たちはこの事実をネタに、教師を強迫、全員にオール5を認めさせた。しかし、その反動として、荒木は男生徒を檻に入れ、木刀をふりまわした。そこに現われ、生徒の人望を集めたのは新任の体操教師マカロニだった。一方、吉永は女生徒にビキニを着せて楽しんでいたが、それを知って学園内をデモる山岸たちと対決した。そんなハレンチぶりは美人でミニスカートのよく似合う西尾みどりが赴任してきて、頂点に達した。みどりのスカートをめくることに端を発したイタズラの数々は、エスカレートし校内は大騒動となった。その騒動もおさまらぬまま、修学旅行の日がやってきた。その趣旨はただ喰い、踏み倒しを実践し、悪いことを身をもって教えるというもので、生徒からの旅行代はすべて芸者代になった。大広間での餐会は、教師、先生、芸者入りみだれての野球拳大会に変貌し、大俗場では、みどり以下女生徒のストリップとハレンチきわまる旅行とあいなった。そして、その延長が学園まで持ち込まれ、いまでは全く手のつけられない状態となっている。

作品データ

製作年
1970年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
82分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?