昆虫物語 みなしごハッチ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

昆虫物語 みなしごハッチ

1970年12月19日公開,25分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

脚本は鳥海尽三以下五名。演出は九里一平。撮影は細野正がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

平和なミツバチの巣が悪いスズメバチの大群におそわれた。女王様はわずかの供を連れて逃げ、とり残されたハッチは、親切なシマコハナバチのおばさんに育てられた。あの日、おばさんが買物に出た留守に、いいつけを破って外の探険にでかけた。途中カマキリに襲われたりしたが、おばさんの心配をよそに無事家にたどりついた。やがてハッチは、おばさんから自分がおばさんの本当の子供でないこと、ミツバチの子はミツバチでなければ育てられないことを教えられた。ハッチは本当のママをさがし、ミツバチの王国をもう一度つくるため、やさしいおばさんに別れを告げ、大空に飛びだした。

作品データ

製作年
1970年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
25分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?