やるぞみておれ為五郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

やるぞみておれ為五郎

1971年1月15日公開,85分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「なにがなんでも為五郎」に続く「為五郎」シリーズ第三作。脚本は「緋牡丹博徒 お竜参上」の加藤泰と監督の野村芳太郎の共同執筆。撮影は「コント55号水前寺清子の大勝負」の川又昂がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ここは甲州鰍沢という小さな観光地。目抜き通りをダンプカーのごとく子供を担いで疾走、診療所に飛び込んだのが人呼んで人斬り為五郎こと坂東為五郎である。昔馴染の女花子に、勘太を押しつけられたお人良しの為五郎は、勘太を自分の子として育てる決意で旅に出たのだが、途中で勘太がぶっ倒れたのである。やっとのことで診療所にかつぎ込んだが、医者に空腹と栄養失調が原因だと叱られ、為五郎は大いに反省し、勘太を学校に入れて、まともな人間に育てようと新たな決意をするのであった。為五郎は勘太を背負い、はるか富士山まで通じる観光道路の建設現場へと働き場所を求めていった。そこで為五郎の働いている赤塚土建の隠居鉄平大親分にすっかりその気っぷを惚れられてしまった。そして、鉄平に連れられ、何かにつけて対立しているお蝶一家の縄張りである料亭「花月」で賭場を開いたが、女将の心配通り、女系家族、お蝶一家の初代お蝶、二代目お蝶に殴り込まれ、賭場は大乱闘となった。迎えうつ為五郎の前に、さっそうと現われたのが美人の三代目お蝶である。為五郎は初恋の人お千代そっくりの彼女をみて、ポーッとなってしまう。その頃、為五郎はこの土地に興行に来た女剣劇一座のとりもつ縁で勘太の母親花子と再会したが、勘太の本当の父親が、為五郎の子分の金太郎だと知ると、為五郎は二人をもとのさやにおさめるために、無理に罪を作って刑務所入りしてしまった。為五郎が務所暮らしをしている中、赤塚土建は汚職事件で警察に挙げられ、為五郎を迎えに来てくれたのはお蝶だった。その彼女から一家に養子に来てくれと頼まれると二ツ返事でOKした。いよいよ結婚式の当日、為五郎は花嫁を見てギョッとした。それは二代目お蝶だったのである。為五郎はムコ養子の話を早とちりしたのだった。ほうほうのていで式場から逃げ出した為五郎は、勘太に就学保険の証書を渡すと、放り投げた靴の先が向いた方向へむかってあてのないさすらいの旅に出かけるのだった。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
85分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?