ずべ公番長 はまぐれ数え唄|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ずべ公番長 はまぐれ数え唄

1971年3月9日公開,84分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ずべ公番長」シリーズ三作目。脚本は同シリーズ「東京流れ者」の宮下教雄と監督の山口和彦。撮影は「最後の特攻隊」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

関東のズベ公仲間でその名を轟ろかせているリカは、妹分のお雪を連れて、三度び赤城女子学園に逆戻りした。ところが、学園内は関西ズベ公界の大物で手に負えない暴れ者、河内のお紋が巾をきかせて番長的存在になっていた。リカはお紋と、当然何度か激しく対立するが、決着がつかないまま、一年後、仮退園した。リカとお雪を出迎えたのは、横浜にいるツナオの使いのヘンリー河村だった。ツナオは、安万寿と組んでエロ写真を作って生活していたが、横浜を縄張りとする中尾組と、その手先の女愚連隊Z団のために、常にいためつけられていた。そこで、リカを用人棒に迎えたのだった。横浜は、リカの生まれ故郷であり、父親がわりにもなっていた早坂竜之助もスナックを経営して健在だった。早坂はドス竜と怖れられたかつてのヤクザ時代の影はなく、柔和な初老のマスターであった。安万寿の店に落ちついたリカは、そこでズベ公仲間のセンミツ、夏江と再会、Z団に荒らされているゴーゴークラブ「ビートハーバー」の縄張りを取り戻した。一方、中尾組の手先としてZ団なる不良少女グループのリーダーをしていたお紋は、リカの勢力に押され、その成績が落ちた罰として、香港に売りとばされそうになったが、反逆し、団員全員倉庫につながれてしまった。そして中尾が、早坂とリカに刺客を放ちリカをかばって胸に銃弾を受けた早坂は死んだ。Z団の団員を逃がし、その時の争いで自らひん死の重傷を負ったお紋は、安万寿の店にたどりつき、リカに後のことを話し息を引きとった。中尾の卑劣な手段に怒ったリカを始めとするズベ公たちは中尾組へオートバイを走らせた。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?