冠婚葬祭入門 新婚心得の巻|MOVIE WALKER PRESS
MENU

冠婚葬祭入門 新婚心得の巻

1971年3月3日公開,86分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

塩月弥栄子の『喜劇 冠婚葬祭入門』『続・冠婚葬祭入門』をもとに作られた「冠婚葬祭入門」シリーズ第二作。脚本は「人妻椿(1967)」の元持栄美と柳井隆雄。監督は脚本にも参加している「誰かさんと誰かさんが全員集合!!」の渡辺祐介、撮影も同作の荒野諒一がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新婚旅行のメッカ、南国宮崎。旅館水明荘の番頭木村三平は、やもめ同志の小料理屋の女将正子と組んで仲人をしたカップルが数知れず、冠婚葬祭の世話にかけては天下一品の采配をふるうともっぱら評判である。今日も葬儀屋の啓太と、神主の娘有子の第二の人生の門出を祝福したと思ったら、葬式の知らせが入り、お通夜に飛んでいくといった有様である。三平の一人娘美子は川崎と宮崎を結ぶカー・フェリーのスチュワーデスで、浄観寺住職山下幸道の伜新道と恋愛中だが、やもめの父三平のことを思うと仲々結婚に踏み切れないでいる。ある日水明荘の団体客にまじって、家出をした息子を探しにきたという老婆が部屋で急死した。新婚客が多いので出棺するのも縁起が悪いと、思案の末、三平は死体を背負って旅館をで、浄観寺に運び込んだ。その葬式の席上、フーテンの俊雄と名乗る男が、女のことで住職を脅迫したが、三平がうまくとりもった。一方、美子は、新道が令嬢風の若い女性と歩いている所を目撃した。それは、新道の母衣江がひとり息子の嫁にしたいと思っている、浄観寺本山の令嬢妙子だった。そんな折も折、話をつけたはずの俊雄が浄観寺の本堂で暴れまわっているうちに、旅館で急死した老婆の位牌を見て号泣しはじめた。泣きながら俊雄は老婆が自分の実の母だったこと、女の話は芝居だったことを白状した。騒ぎが落着き、美子と新道の間の誤解も解けた。その後、三平と正子は、美子たちの結婚に尽力した。そして自分たちの結ばれる日も間近い。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
86分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?