女の意地|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女の意地

1971年5月5日公開,85分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

華やかな夜の世界に生きる女の悲しさを描く。西田佐知子の同名曲の映画化。「斜陽のおもかげ」以来沈黙を続けていた斎藤光正が「三人の女 夜の蝶」に続いて監督した。脚本は「波止場女のブルース」の下飯坂菊馬。撮影は「野良猫ロック 暴走集団'71」の萩原憲治がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

華やかな装いと、紫煙の中に咲き乱れる銀座の夜の花園。その中に久美の経営するクラブ「姿」があった。久美は、二年前、愛しながら別れた男修平のことも忘れ、彼女の店で働いている腹違いの妹淳子と平穏な毎日を送っていた。久美には妻子ある花井という町工場を経営する愛人もいた。そんなある日、久美は、淳子が、愛している男と一緒にいることを知らされると、すぐ淳子のアパートを訪れた。淳子の部屋には、久美が二年前に別れた修平の姿があった。愕然とした久美は、翌日、淳子の幸福のために別れてくれるように修平に頼んだ。淳子がアパートに帰ると、修平の姿はなく、置手紙によって久美と修平の過去を知らされた。久美のやり方に怒った淳子は、彼女と喧嘩別れした。淳子は、久美と張り合うために、自分に想いを寄せている中野に頼みクラブ「婉」を開店しようと計画した。一方、久美は、花井のピンチを救うため、店を売り、金をつくったが、皮肉にも彼は脳溢血で倒れてしまった。豪華なインテリアが輝く「婉」がオープンした日、淳子は自分が妊娠していることを知った。まぎれもなく修平との結晶である子供のために、再び修平と一緒になろうと決心した淳子は彼を訪ねるが、そこで見たものは、かつての同僚礼子と楽しそうに生活している修平の姿たった。淳子は何もいわずにその場を去った。淳子が冷たく光る手術台の上で、過去を忘れようとしたのは、その翌日だった。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
ダイニチ映配
上映時間
85分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?