喜劇 頑張らなくっちゃ!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

喜劇 頑張らなくっちゃ!

1971年10月30日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

独身の万年平巡査を主人公にして、現代の大都会に棲息する人々の生態を、哀感と笑いで綴る。井手雅人の原作から「女の意地」の下飯坂菊馬と井手自身が脚本を書き、「開運旅行」の瀬川昌治が監督した。撮影は「黒の斜面」の丸山恵司がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

上野署に勤務する山崎巡査は三十三歳になるが、東北の田舎育ちのせいか、東京のテンポにあわず、今だに平巡査で結婚もできないでいる。しかも婦人警官をしている妹の弘子は上野署の巡査部長原田と結婚しているため、義弟の新婚家庭に居候をさせてもらっているのだからしまらない。ある非番の夜、陸橋の上で赤ん坊を抱いている女の子と知り合った。話してみると、山崎の受持の区域の住人だとわかるが、彼が警官だと知ると女の子はそそくさと立ち去ってしまう。数日後、戸籍調べ中、先日の女の子と会い、彼女の名はナオミ、年齢は十九歳、三カ月の赤ん坊と、老母きんとで暮していることが判明した。山崎は、きんから、赤ん坊の父の名がわかったから探してくれと頼まれ、大山巌を探しに出かけた。一方、ナオミには父親についていえない訳があった。大山は「自分は赤軍派のリーダーで、銀行の五百万円強奪事件の主犯だ。これから地下に潜る」といって身重のナオミを残して消えたからだ。思い余ったきんは道端に赤ん坊を捨てた。大都会を行きかう人は、無防備な赤ん坊を見ても手を出そうともしない。ナオミは山崎のところにとんできて事情を話した。数時間後、赤ん坊は通りかかったヒッピーに拾われ、無事ナオミの手にもどった。やがて大山は銀行強盗の容疑者として逮捕された。取調べの結果、銀行強盗はナオミと別れるために行ったデタラメ話。ナオミは、山崎の勧めに従って赤ん坊を養子にだし、再出発を心に誓う。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?