悪の親衛隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悪の親衛隊

1971年11月10日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

金バッチのために命を張るチンピラやくざの復讐物語。脚本・監督は「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」の山口和彦。撮影は「尼寺博徒」の中島芳男がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

数年前、新宿で羽振りをきかしていた土井組の九鬼は、東堂の奸計にはまり、親分土井を殺害、土井亡きあとの縄張りは東堂に掌握され、愛人香織も奪われてしまった。獄中、九鬼は東堂への復讐を誓った。それから数年。--出所した九鬼は、昔なじみの川崎・姉松親分から、再び新宿に進出するために金と、豊、後、達のチンピラを借りた。三人は金バッチに憧れ、それを手に入れるためなら何でもすることを誓った。四人は、九鬼の知り合いの元ヤクザ浜村の店を根城として、東堂の息のかかったバー、キャバレーを次々にぶち壊していった。九鬼は、鉄砲玉として三人を使い、東堂との抗争を繰り展げていった。ある夜、香織の経営するクラブモップスにあらわれた達と俊は、東堂組に襲われるが豊だけはマリファナパーティーに出向いていたため無事だった。豊は、そのパーティーで幼友達のユリ子と逢った。彼女は集団就職で上京したが、東堂組に喰いものにされ転落していったのだ。豊は、ヤクと売春を強制されるユリ子を勇気づけ、東堂組から救いだす。やがて俊、達の傷も回復し、三人は新宿親衛隊と称して再び暴れ廻った。そして、遂に表面に顔を出した九鬼は東堂と対決し、モップスの権利証を奪いとった。東堂は九鬼たち四人を消そうとした。九鬼が今だに香織を思っていることを知った東堂は、ある夜、香織のマンションに九鬼を呼びだす。二度と逢うまいと誓った九鬼だが、東堂の罠とも知らずマンションに向い東堂の手によって殺された。東堂はさらに追い打ちをかけるように浜村の店に殴り込み、浜村と達の命を奪った。その頃、豊は、ユリ子と故郷で生活することを夢みていたが、駆けつけた俊から九鬼、浜村、達の死を知らされた。必ず戻る、と一言いい残して切符を手渡した豊は、東堂の事務所に向ったが、ついに新宿駅にあらわれなかった。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?