不良番長 突撃一番|MOVIE WALKER PRESS
MENU

不良番長 突撃一番

1971年12月29日公開,88分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

一旗あげようと新宿を出て、金比羅様でしられる四国高松にやってきたカポネ団の活躍を描く。脚本は「不良番長 手八丁口八丁」の松本功と山本英明。監督は「不良番長 やらずぶったくり」の野田幸男、撮影も同作の稲田喜一がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新宿で派出にやりすぎた神坂団長以下のカポネ団は、関東挺身会笠岡組の怒りを買い新宿を追放された。そこで神坂は、ポルノ産業で躍進を計るべく、ポルノの花形ブルー・フィルムに目をつけ、その本場四国へ旅立つことを決心する。神坂は視察のために一足先に送り込んだ石松が博奕に負けて一文無しになっていることもしらず高松に向った。一向は石投屋の娘花子から、地元暴力団郁田組に石松が多大な借金を残して死んでいったことを知らされる。とんだ置土産を残された神坂らは、彼のネリカン時代の友達で今は桃太郎という料理屋で板前をしている柏木勝の二階に仮の住いを決め今後の作戦を検討した。一方、関西進出をはかる関東挺身会々長寺沢は、蜜案の目の届かない四国で拳銃製造を始めるために高松に狙いをつけたその命を受けた郁田は桃太郎の土地に目をつけ、借金のかたとしてこれを奪った。そんなある日、石松が現われた。彼は借金返済のために、郁田組が作るブルーフィルムの役者として使われていたのだ。翌朝、神坂は町の権力者で花子の父親である徳之助にいきさつを話した。徳之助に頭のあがらない郁田は、一度は土地を返することを約束するが、この一件の発覚を恐れ、徳之助を殺してしまう。挺身会にさんざん痛めつけられたカポネ団の怒りが爆発。一行はオートバイで郁田、寺沢らが集まる料亭に向った。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?