昭和おんな博徒|MOVIE WALKER PRESS
MENU

昭和おんな博徒

1972年5月27日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“女賭博師”江波杏子の東映初出澄。父親、恋人の仇を追って女渡世人になり、復讐を遂げるまでを描く。藤原審爾の同名小説の映画化。脚本は「関東テキヤ一家 浅草の代紋」の鳥居元宏と「まむしの兄弟 お礼参り」の本田達男、監督は、「緋牡丹博徒 お命戴きます」の加藤泰、撮影は「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の古谷伸がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

雪の降る日、呉服商加納屋の娘お藤は、悪徳高利貸の為自殺に追いやられた父の仇を討とうと堀川一家代貸巽新二郎を襲ったが人違いと知る。病弱の堀川一家貸元伊之助は、渡世から身を引くべく二代目を選出する。誰の眼にも、兄貴格の森戸が継ぐと思っていたが、伊之助は巽を選んだ。森戸の腕力・度胸よりも巽の先を読む頭脳を買ったのだ。森戸は子分達のたきつけと堀川一家の縄張りを狙う向島の大田原組長の叱責に巽殺しを決意する。愚連隊に金をやり、巽を襲わせるが失敗。巽の子分サブが森戸のさし金と知り、巽に知らせるが、巽は一家の為森戸の為に口外を禁じる。その頃、巽に身をあずけていたお藤は、共に生きると心に決め巽の飛竜の刺青に対し、火炎竜の刺青を彫る。巽襲撃を知った伊之助は森戸を破門しようとするが「兄貴と話し合いを……」と必死に頼みこむ巽の一家を思う心にうたれるのだった。すでに喧嘩仕度でごった返す森戸を尋ねた巽は、森戸の罵声にも必死に耐えた。話はこれまでとドスをつきつけ、森戸を連れ出す巽の前に大田原一家にワラジを脱ぐ島崎勇三が勝負を挑んで来た。一宿一飯の義理から対峙する島崎と巽。ところが卑怯にも森戸と大田原の子分が巽の背後より襲いドスでめった斬りにしてしまう。あまりの汚さに眉をしかめる島崎は巽の亡骸を送りとどけ、お藤に「一宿一飯の義理から自分が殺した」と伝えて去った。折も折、巽の死を知り怒り狂った伊之助も発作を起し他界してしまった。一方、森戸が邪魔になった大田原はほとぼりのさめるまでと森戸を外国に飛ばせた。巽の墓前で復讐を誓ったお藤は、島崎、森戸らを追って旅に出る。そして一年後。ある地方都市の雑踏の中で巽をめった斬りにした般若松を殺す。そして、また一年。お藤は九州加倉井一家にワラジを脱いでいる島崎を見つける。対立するお藤と島崎。だが島崎はお藤の前に身体を投げ出す。「俺を殺してくれ」。お藤の執念のドスが島崎を斬ろうとした時、島崎の女房絹枝が必死に止めた。絹枝の姿に昔の自分の姿を思いうかべたお藤は目をつむって二人を逃がしてやるのだった。その頃東京では大田原を初代会長とする“関東侠友会”が結成されようとしていた。あせり出した森戸の帰国を知った大田原は、森戸、島崎を抹殺すべく殺し屋を送る。島崎は襲われ、絹枝が殺される。一方、お藤は神戸の赤沢組にいる森戸を見つけた。女の武器を利用し森戸に近づいたお藤は見事に巽の仇を討つ。しかし、巽殺しの張本人が大田原だと知ったお藤は「関東侠友会・発会式」の会場へと迫った。お藤の横には絹枝を殺され、お藤に荷担する島崎の姿もあった。殴り込むお藤と島崎。お藤の口から、発会式にかけつけた加倉井の口から次々と大田原の悪事が暴露されていく。怒り狂う大田原。子分達はいっせいにお藤を襲う。「雑魚は任せな」と島崎、大田原を追うお藤のドスが暴れまくった。

作品データ

製作年
1972年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?