ポルノ時代劇 忘八武士道|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ポルノ時代劇 忘八武士道

1973年2月3日公開,81分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

暗黒の過去を引きずって今日を流れる非情の男の生々流転のありさまを、剣の無情、愛欲非道をからませて描く。原作は小池一雄・作、小島剛夕・画の劇画『忘八武士道』。脚本は「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」の佐治乾、監督は「緋ぢりめん博徒」の石井輝男、撮影は「恐怖女子高校 女暴力教室」の鈴木重平がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“人斬り死能”と恐れられている非情の男、明日死能は、役人に追われていたが、吉原遊廓の忘八者、白首の袈裟蔵とその一党に助けられた。“忘八者”とは、八つの徳、「孝、悌、忠、信、礼、義、廉、恥」を全て忘れた無法者、人にして人に非ず、人たる姿を忘れた鬼畜外道の集りで、江戸吉原一帯をとりしきる無頼の徒をさして忘八者と称した。明日は白首から仲間入りをすすめられ、そのための“忘八試し”を受けるが、さすがの明日も、外道に徹することはできなかった。しかし、吉原総名主・大門四郎兵衛に気に入れられ、客分にとり立てられた。このころは江戸では、湯女、茶屋女など私娼窟が流行し、御公義にばく大な冥加金を納めている吉原としては、それらをつぶす機会を狙っていたが、明日を味方にしてから、大門はいっきに行動に転じた。大門から初代首斬り浅右衛門が使ったという大刀“鬼包丁”を与えられた明日は次々と私娼窟退治をしていき、以前よりも増して人々から恐れられた。大門は老中の評定所が動くことを期待して、事を荒だてたが、期待に反して老中は、大門との正面衝突を避けるため、秘かに黒鍬者と呼ばれる忍者を放って明日の命を狙った。このため白首の命令でお紋、お陸、お甲ら女忘八者が明日を護衝する。やがて、黒鍬者の襲撃が始った。凄絶な斬り合いが展開される……。一方、大門は江戸中に、茶屋女を、吉原に足抜きさせた者には多大の賞金を出すと広言した。このため、茶屋では相次ぐ女の略奪がつづいた。窮した私娼窟と吉原の関係は一触即発の状態にまでなった。そこで老中が仲裁に入り、大門の総支配下となる共存共栄策が打ち出された。明日を斬る、という条件であった。今や、邪魔な存在となった大門はまず明日を阿片で骨抜きにしてしまう。しかし、全てを知った明日、もうろうとした意識の中で、忘八者、捕物陣を次々と斬っていった。やがて、降りしきる雪を血に染めて明日は力つきてしまった……。

作品データ

製作年
1973年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
81分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?