華麗なる変身|MOVIE WALKER PRESS
MENU

華麗なる変身

1971年6月19日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1952年朝鮮動乱、エリザベス新女王戴冠、水素爆弾実験という世界的関心を呼ぶ記事の中で、ニューヨークのGIが性転換手術を受け、成功したという記事が話題をさらって、各国の新聞の第一面を占めた。これはその男?(女?)の自叙伝による映画化である。製作はエドワード・スモール、監督は「奇蹐」「初恋(1958)」のアーヴィング・ラパー、ジョージ=クリスチーヌ・ジョーゲンセンの自叙伝をロバート・E・ケントとエリス・セント・ジョセフが脚色。撮影は「彼女の不道徳な夢」のジャック・マルクェ、音楽は「サンセット77」(TV)のコンビ、バート・シェフターとポール・ソーテルなどがそれぞれ担当。出演は新人のジョン・ハンセン。その他、クイン・レデカー、ジョン・トンプキンス、ロッド・マッケリー、オスカー・ベレギ、ジョン・W・ハイムズ、エレン・クラークなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小さい時から、ジョージ(ジョン・ハンセン)は女の子のように人形が好きで、ままごとやなわとびも好きだった。そんな彼を父(ジョン・W・ハイムズ)も母(エレン・クラーク)も溺愛した。だが長じるにつれ、自分が男なのか女なのか、自分で自分が分からなくなってきた。一流広告代理店に就職したジョージは、ハンサムな青年重役ジェス(ロッド・マッケリー)に可愛がられて出世し、悩みを忘れていた。ところがある日、ジェスが彼を誘惑しようとしたのだ。この異常な出来事に動転したジョージは自殺まで考えるのだが、友人の勧めで医者にみてもらうことにする。そして自分を名医ビクター博士(オスカー・ベレギ)の手に委ねることに決めた。トーラおばさん(ジョン・トンプスン)の庇護と励ましと、3年間のホルモン療法と矯正手術によって、ジョージは美しい女性に生まれ変わった。名前はトーラおばさんの亡き娘にちなみ、クリスチーヌとした。やがてこの話を知ったジャーナリストが各国から好奇の目をもって押し寄せてくるが、センセーショナルに扱われるのを嫌ったクリスチーヌは、博士の紹介状をもってきた雑誌記者(クイン・レデカー)にだけ会った。静かな山小屋に2人きりでこもったクリスチーヌは、彼のインタビューに応じながら新しい道への準備をする。やがて2人は愛し合うようにもなった。1953年、社会での正当な位置を確保するため、そして新しい人生の出発のために、クリスチーヌはニューヨーク国際空港の大勢の記者団の前に降り立った。

作品データ

原題
The Christine Jorgensen Story
製作年
1970年
製作国
アメリカ
配給
ユナイト
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?