少女(1961)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

少女(1961)

1961年1月15日公開,59分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

石坂洋次郎の原作を、池田一朗と森本吉彦が共同で脚色し、「情熱の花」の堀池清が監督したホーム・ドラマ。撮影は「雨に咲く花」の中尾利太郎が担当した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カネ子は口べらしのため東京で働くことになった。上野駅にはイトコの由造が迎えに来ていた。彼の家は小さなオートバイ屋だが、長男の彼は暇さえあればトランペットを吹いている音楽青年だ。カネ子の希望もちょっと変っていた。小説家になりたいと言い、同県人の草田の弟子になるつもりなのだ。カネ子が来たおかげで、男ばかりの兄弟の由造の家は明るくなった。日曜日、由造はカネ子をダンスに誘った。由造はキスしようと抱きついた。驚いたカネ子は夢中で彼の顔をひっかきまわしたが、あげくの果て、ペコペコあやまる由造を見ておかしくなった。数日後、カネ子は下町の小さな美容院に住みこんだ。だが、まもなく、先輩のウメ子と大喧嘩して飛び出してしまった。草田の家を訪れた彼女は、そこで、草田が雑誌記者の厚子を誘惑する姿を見てしまった。草田への夢は消えてしまった。カネ子が帰ってきたのを喜んだ由造は、彼女をキャバレーにひっぱり出した。由造はトランペットのテストを受けるのだ。だが、トチリっぱなしの由造をバンドマンたちが罵倒したのをカネ子が怒って大騒動となった。おかげで、彼女の就職までフイになってしまった。カネ子を待っていたのは「母倒る。すぐ帰れ」の電報だった。カネ子は故郷へ帰った。だが、母親の病気は大したことはなかった。つづいて、由造が東京からやってきた。二人は仲よく草刈りにはげむのだった。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
59分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?