無法者の虎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

無法者の虎

1961年7月30日公開,86分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

丸根賛太郎の脚本を、「ふり袖小姓捕物帖 血文字肌」の深田金之助が監督した人情篇。撮影は「緋ざくら小天狗」の森常次。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

居酒屋浪華屋では、張子の寅八たち川人足と、丑五郎たち馬方たちとの大喧嘩の真最中。そこへ、川人足のへちまの辰が悲鳴をあげてとびこんできた。街道筋で、評判の化け狐に出会わしたというのだ。寅八が狐退治を買って出たが、捨て子を化け狐と思いこんで連れて帰ってきた。丑五郎との対抗上、赤ん坊は立派に育ててみせると寅八は意地を張った。狐のくれた赤ん坊は善太と名づけられ、心気一転、酒と喧嘩とバクチを断った寅八の愛情につつまれてスクスクと成長した。善太が七つの時、松平対島守の大名行列の供先を切って激怒を買い捕えられた。しかし、死を覚悟して申し出た寅八の親心が対島守を感動させ、ことなきをえた。祝いの席上、酒に酔った寅八は善太はとある大名の落胤だとしゃべってしまった。たちまち酒場中の評判になった。数日後、武家の一団が寅八を訪ねた。鎌田大学と名のる老臣を筆頭に、西国のとある大藩の家臣たちで、行万不明の若君の消息を求める旅の途中、善太の噂をきいてやってきたのだ。折も折、友人の関取・賀太野山の訪問を受け、善太出生の秘密を聞かされた寅八はびっくりした。善太は賀太野山の妹雪路の忘れ形見で、鎌田大学がたずねる若君だった。腰元勤めをしていた雪路に死なれて思案にあまった賀太野山が勇気のある立派な男に赤ん坊の成育を頼もうと、化け狐の噂を利用したのだった。--せがまれて、晴れ姿の善太を肩車で送りだす寅八の姿が、大井川の流れに写った。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
ニュー東映
上映時間
86分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?