右門捕物帖 紅蜥蜴|MOVIE WALKER PRESS
MENU

右門捕物帖 紅蜥蜴

1962年7月29日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

佐々木味津三原作から「右門捕物帖 まぼろし燈篭の女」の鈴木兵吾が脚色、「源九郎義経」の松田定次が監督した時代捕物帖。撮影もコンビの川崎新太郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江戸の音羽に難病に効くという滝がある。ある夜、滝見茶屋「新月」のそばでいかけ屋権十が殺されていた。犯人は黒いからすを連れ、紅とかげの刺青をした男らしい。”紅とかげ”の殺人騒ぎにおびえる「新月」の湯治客、一人は薬種問屋の上総屋太左衛門で娘の志乃と二人暮しのところから、「新月」の女中頭で美人のお直を嫁に迎えようと思っていた。上総屋が友人の大貫屋、湊屋と紅とかげの噂話に耽っている時毒茶を飲まされかけるという事件がおきる。捜査に乗り出したむっつり右門は、お直の不審な態度と権十殺害の理由が見当らないことから事件の複雑さを感じるのだった。そのころ右門の先輩あばたの敬四郎は苦心の末紅とかげを捕えた。だが右門は、その紅とかげを犯人と断定することを危ぶみ、奉行神尾の内諾を得て紅とかげを破牢させてオトリ捜査に踏み切った。だがこの事件で神尾は責任を問われ、右門は五日間に事件の解決をしなければならなくなる。折から大貫屋が行方不明となり、右門も噂を追って江戸を後にする。その留守中、湊屋が無惨な最期を遂げるという事件が起った。さて運命の五日目、旅立ったと見せかけ必死の捜査を続けていた右門は最後の手段として、事件を風流亭南北に脚色させ、これを芝居小屋で上演させた。満員の観衆の前に暴露された事実は--。上総屋ら三人が、かって佐渡で悪事を働きある男を犠牲にした。死んだと思ったその男が江戸に現われたため、上総屋らは紅とかげなる殺人鬼をつくり上げ、お直の恋人であったその男を陥しいれようとはかったのである。途中で怖気づい仲間をも殺した元凶は上総屋だった。右門の見事な推理がまたも江戸の怪奇を解いたのである。

作品データ

原題
Cases of Umon Pt.6
製作年
1962年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?