新選組血風録 近藤勇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新選組血風録 近藤勇

1963年5月12日公開,94分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

小説中央公論連載・司馬遼太郎原作を「べらんめえ芸者と丁稚社長」の笠原和夫と「変幻紫頭巾」加藤泰が共同で脚色、「五人のあばれ者」の小沢茂弘が監督した剣戟活劇。撮影は「五人のあばれ者」の伊藤武夫。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幕末風雲急を告げる元治元年六月、守護職松平容保の配下にあって京の治安を一手に委ねられていた新選組は、隊長近藤勇以下倒幕派の志士が結集する池田屋に凄絶な斬り込みをかけた。江戸深川、北辰一刀流の伊東甲子太郎が篠原泰之進他門弟を引き連れて新選組に投じたのはその年の暮だった。伊東は新選組を倒幕派に引き込もうとする下心を秘め、篠原は女と酒にひかれての京入りだった。慶応元年、新選組は総勢百五十名に達し、局長近藤勇、副長土方歳三、山南敬助、伊東は参謀に篠原は監察の任に就いた。慶応二年、薩長土三藩の連合体制成り、藷藩の勤皇浪士は競って上洛、一触即発を防ぐものは新選組あるのみだった。だが、新選組の内部でも伊藤一派が分離を申し出、篠原も近藤の信頼を得、彼の人間味にひかれながらも鉄の規則に反撥して脱隊した。慶応三年、伊藤以下は御陵衛士を拝命、新選組一同は直参旗本に取り立てられた。将軍慶喜は大政を奉遷、だが新旧勢力の衝突は収まらず坂本竜馬が暗殺されるに及んで対立は頂点に達した。篠原の反対にも関らず伊東派は近藤を暗殺、一挙に討幕の兵を挙げんとした。これを密偵から聞いた土方は、七条油小路において伊東を暗殺した。篠原は近藤が闇討ちをする男ではないと信じ死体引き取りのため油小路に向ったが、新選組の襲撃にあい血路を拓いて姿を消した。数日後、近藤は土佐海援隊の陸奥陽之助に書状を届け、坂本竜馬暗殺の件で話合いたいと一人天満屋で待った。その前に姿を現した篠原の剣は、しかし近藤の鉄の意志に満ちた言葉に動揺、次の瞬間には近藤に襲いかかった海援隊士を斬っていた。近藤の豪刀が阿修羅の如く荒れ狂い、救援に馳けつけた新選組と海援隊士の間に凄絶な死闘がくりひろげられた。これが新選組の最後の勝利の闘いであった。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?