男の嵐|MOVIE WALKER PRESS
MENU

男の嵐

1963年8月28日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「銀座の次郎長」の松浦健郎が原作、脚本を執筆、中川信夫が監督した任侠もの。撮影は宮西四郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大正の末。烏山の町。渡世人稼業の万力一家に浜千鳥一家が殴り込みをかけた。老親分仁作を斬った男は無宿の渡世人、人呼んで乱菊の松次郎だった。それから三年。北海道の或る飯場に坑夫として働く松次郎に酒保で女中をしているお時は想いを寄せていた。悪徳飯場監鬼熊に彼女は手ごめにされそうになる。その窮地をピストルの剣次が救った。剣次とは、元万力一家の乾分亀助の弟で、卑劣な万力助五郎は、乾分の亀助を自ら殺しておきながら、これを敵の浜千鳥一家の梅吉に罪を被せ、この炭坑に潜んでいることをいい兄の仇として梅吉を狙わせるべくここに差し向けたのだった。折も折、タコ部屋の辛さに、飛びっちょ(脱走)を企てた梅吉は鬼熊達に捕えられ、拷問された。この事件がもとで坑夫達は蹶起、暴動は遂に監督部屋を人間諸共、ダイナマイトで吹っとばしてしまった。ある温泉郷でお時と青吉を伴って松次郎は重傷の梅吉を静養させていた。ここで松次郎が恩義で加担した万力一家の悪埓ぶりを聞かされ、しかもその後病床の仁作、娘の月江、道子の三人暮しで梅吉の惚れている月江に助五郎が通いつめている……松五郎を覚えていない梅吉はそんなことを松次郎に聞かせた。--かくて再び烏山に梅吉と名乗って乗り込む松次郎。お時と共に松次郎達の後を追って来た梅吉は万力一家に捕えられ、これも舞い戻ったピス剣に、助五郎達は松次郎を梅吉だと偽って狙わせようとする。然し、決闘の場所で悪のカラクリを知り、ピス剣も松次郎と力を合わせて万力一家にあたった。松次郎はお時の手を振り切って青吉を連れて去った……。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?