狼の王子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

狼の王子

1963年10月4日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

石原慎太郎の同名小説より、田村孟、森川英太郎が共同で脚色、「太陽への脱出」の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は、「煙の王様」の間宮義雄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

敗戦の混乱が続く昭和二十五年、北九州の一画にも、一群の浮浪児がいた。タケ、ギン、サブ、ョシ、カネだ。彼らは米兵のスキを見つけては、ポケットからドルをかっさらって生きていた。タケがそれらのボス的存在だ。いかつい体つきとファィトは、さながら狼の子供を見るようであった。米兵から鼻つまみにあいながらも、彼らはたくましく生きようとしていたのだ。そのタケ達が、日下万蔵に見出されたのは、韓国へ脱出しようとした時であった。五年の歳月の後、武二と名をかえたタケは、今では若松港の荷役を牛耳る日下組の若大将となっていた。しかし武二は五年前とはうって変った、ひかえ目な男になっていた。このことは、日下にとって大きな誤算であった。そんなある日、万蔵は武二の目前でライバルの加納組の刺客に依って刺殺された。証拠不充分で加納組がのがれんとした時、武二は思いあまって犯人と加納を射殺した。昭和三十年のことであった。少年刑務所で三年の刑を終えた武二は、若松では加納組が羽振りをきかせているのを後に、上京し、島原組の一門の反左翼団体八千代会に入った。新安保条約反対の騒然とした時だ。この事件のさ中武二は新聞社で働く葉子を知った。軽薄な都会生活の中で、何かをみつめようとする二人は、愛情を感じていた。しかし、その幸福もつかの間、悪賀な加納組の企みで、日下組も今は危いと聞いた武二は、葉子の言葉を振りきって若松に向った。数日後、葉子は新聞に「北九州でヤクザ大乱斗」の記事を見た。武二は一挺の拳銃を手に、加納組にのりこみ、生命を絶った。加納組の息の根のとまった若松で、武二は昔のタケシに返って死んでいったのだ。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?