ど根性一代|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ど根性一代

1963年10月19日公開,84分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

今東光原作“山淑魚”より「江戸無情」の松村正温、「三代の盃」の吉田哲郎が共同で脚色、「雑兵物語」の池広一夫が監督した文芸もの。撮影は、「対決(1963)」の本田平三。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和の初期、越智平助は、大阪でひと旗あげようと四国の寒村を後にした。持前の怪力を荷役の親分みっちゃ寅に認められた平助は、駅仲仕となりその小頭音吉の家に居候することになった。音吉に愛想をつかしていた女房のお民は、風変りな平助の好人物振りに好意を抱いていた。が平助は、お民の妹で芸者をしている美しいお峰に一目惚れしていた。そんな彼が音吉の留守に、勧められた酒に酔いお民とまちがいを起してしまった。全てをうちあけられたみっちゃ寅は、平助に指をつめさせ、お民と夫婦にさせるという粋な計いを取った。音吉の恨みをかい失業した平助は、山伏の大先達大山松四郎に認められ山伏の荒修業に専念した。ある日、住み込み女中で働くお民に会いに来た平助は、一人の捨子を拾い、可愛さから、育てることにした。その後次第にハブリのきくようになった音吉は、平助が山から帰って来れば必ず結着をつけてやると高言して、お民をいじめていた。一方修業が終り下山した平助は、精神落しの行事と称する、遊女との遊宴の最中、娼妓に落ちぶれたお峰の姿を発見し、彼女の事で大先達と大喧嘩して、山伏の夢も破れた。子供をかかえ、しかも音吉に脅迫される平助達は、みっちゃ寅の紹介で四天王子詰めの人力車夫となったが、ここでも長続きせず失業のうきめにあった。平助をみつけた音吉は、結着をつける時と、平助をめった打ちにした。黙って打たしている平助を偶然目撃した大先達松四郎は、その忍耐強さをみこんで、自分のあとを継いで欲しいと告げた。がその頃、みっちゃ寅の病気をいい事に音吉が荷役の横取りをし、勝手気ままな振舞いをしていた。意を決した平助は音吉の仕事場へトロッコで乗込むのだったが……。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?