こんにちわ20才|MOVIE WALKER PRESS
MENU

こんにちわ20才

1964年1月25日公開,87分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

石坂洋次郎の『若い娘』より「江分利満氏の優雅な生活」の井手俊郎が脚色、「真白き富士の嶺(1963)」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影もコンビの松橋梅夫。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

石坂美保子は夫のなきあと、五人の娘たちを育てるのに、下宿屋をしてきた。一通りの苦労ではなかったが下のカナ子とタマ子を残して皆下宿した学生に嫁いでいた。今美保子の心配の種は姉妹の中でも型破りなBGのカナ子のこと。生理休暇の団体交渉をしたり権利を口にするカナ子を見た美保子は、又二階に学生を置こうと考えた。「私、お姉さんたちのように飼いならされたくないの、オトリになりたくないのよ」と言うカナ子だが、家計の問題で医学部に通う学生を下宿させる件についてはあっさり承知した。岡山の病院の息子である川崎は、ネギを背負ったカモと言われながらもいっこうに平気な様子だ。一方カナ子は婦人科を専攻するという川崎の卒直な態度には好意を寄せてはいるものの、また潔癖さから反発していたが、従妹の澄子の結婚にうろたえる美保子をまえに、カナ子は川崎との結婚の意志を表明した「あの人が来てから半年しかならないのに」と驚く美保子に「お母さん私達は半年のおつき合いで三年おつきあいしたよりも深く理解し合ったのよ」楽しい笑い声が美保子の家庭から流れた。

作品データ

製作年
1964年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?