夜の片鱗|MOVIE WALKER PRESS
MENU

夜の片鱗

1964年11月1日公開,106分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

太田経子の原作を「古都(1963)」でコンビの権藤利英が脚色、中村登が監督した風俗ドラマ。撮影もコンビの成島東一郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

野上芳江は十九歳。彼女はレコード会社の下請け工場で働くかたわら、夜は知り合いのマダム佳代から頼まれ、バーのホステスをしていた。北見英次は、芳江が働くバーのなじみ客だったが、二度、三度と会う瀬を重ねるうち急速に親しくなっていった。ある夜芳江は誘われるままにホテルにいき、英次に身体を許した。それからの芳江はしだいに、英次との情事におぼれ、両親に無断で英次とアパートで同棲するようになった。しかし、そんなころから英次の態度が変り、たびたび芳江に金を無心するようになった。世話女房を気どる芳江だが、さすがに金が続かなかった。そんなとき英次は自らの正体を暴露した。英次はそこの盛り場を支配するヤクザだったのだ。英次は金のために芳江に売春を迫った。芳江はヤクザに対する恐怖と、いき場のない孤独からいわれるままに客をとった。が、英次はさらに芳江に街に出て客をとることを強いた。さすがにたえられなくなった芳江は、英次の手をふりきってアパートを逃げだした。しかし数日後、芳江はその組のヤクザにつかまり残酷なリンチを受けた。事件後、芳江は放心したように夜毎街に出て客をとった。そんな客の一人に建築技師藤井がいた。藤井は熱心に芳江のもとにかよい、ある夜結婚を申しこんだ。そんなおりもおり、英次の組に縄張り争いが起り、英次は争いにまきこまれ、下腹部にひどい打撲を受けて男としての機能を失った。それからというもの、芳江と英次との間には、穏やかな愛情が芽ばえてきた。が、事情を知らない藤井は芳江に駈け落ちを迫った。だが無感動になれきった芳江には、それに応えることができなかった。が、ある日芳江の心に狂おしい激情が走り、英次を刺した。虚脱して立ちつくす芳江の脳裏に、英次と過した盛り場の灯がなつかしくよみがえった。

作品データ

原題
The Shape of Night
製作年
1964年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
106分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?