春婦傅:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
春婦傅
春婦傅

春婦傅

1965年2月28日公開,96分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

田村泰次郎の同名小説を「ごろつき犬」の高岩肇が脚色「俺たちの血が許さない」の鈴木清順が監督した風俗もの。撮影は「愛しながらの別れ」の永塚一栄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中国北部の大荒野を、慰安婦の一団が運ばれていた。その中には、天津の売春婦宿で、日本人友田とめぐりあって以来、その愛を裏切られた娼婦春美も入っていた。春美は友田を忘れるため、自分からこの慰安所を希望したのだった。山間地にトラックがやって来た時、日本兵の中に三上上等兵の美しい瞳を見て、春美のすさんだ胸はやさしくゆすられた。その夜から春美は、七人の仲間たちと千人の兵隊を相手にするのだった。最初の男成田と名のる中尉にもて遊ばされた春美は、荒っぽい男の腕の中で友田との愛欲の日々を思い出し、成田を憎みながら悶えた。しかし、三上が成田の当番兵だと知った時、春美は愕然とした。春美は、真面目な三上をいつか自分のものにしようと愛情の炎をもやした。ある夜、成田が急用で司令部に行った後、春美は三上をひき入れた。春美の愛に負けた三上は、自責の念にかられた。この県域から数十キロ離れた分遣隊が八路軍の攻撃を受けたどさくさに、かねてから反軍思想を抱いていた宇野が、脱出した。一方三上は、春美との関係を上官にみつかり、上官の女をとった三上は、営倉入りとなった。そして春美もリンチを加えられた。がその時、県域は八路軍の夜襲にあい、三上は春美と共に八路軍に連れさられ、手厚い看護を受けた。だが再び県域に連れ戻された二人は、厳重に隔離され、部隊の体面を重要視した成田は、三上を殺そうと企てた。全てに裏切られた三上は、春美に手榴弾を用意させた。一つの手榴弾を手に、絶望した三上は、轟然たる音と共に命を断った。三上の傍に春美の死体がすがりつくように横わっていた、三上は戦病死、春美は黙殺されていた。唯、春美の同僚たちが薄幸な春美の思い出に涙するのだった。

作品データ

原題
Story of a Prostitute
製作年
1965年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
96分
製作会社
日活

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?