賭場の牝猫 素肌の壷振り|MOVIE WALKER PRESS
MENU

賭場の牝猫 素肌の壷振り

1965年10月23日公開,86分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「賭場の牝猫」の浅田健三と「あばれ騎士道」の西田一夫がシナリオを執筆、「大日本殺し屋伝」の野口晴康が監督した“賭場の牝猫”シリーズ第二作目。撮影もコンビの永塚一栄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

愛する男、伊東を兇弾に失った雪子は、あちこちの賭場で、亡き伊東が描いた刺青模様にものをいわせて、イキな壷振り稼業を続けていた。が、ある日、雪子は思うところあってソープランドの女と身をかえた。そうしたある日、電子の部屋にヤクザに追われる網走帰りの男浅野清次が逃げこんできた。雪子はこの何かいわくありげな影をもつ男清次を自分の家にかくまい、翌日逃がしてやった。一方、この土地のヤクザ光和会では、ボス大滝が、謎の男清次を必ず見つけ出せと厳命していた。また木下、遠藤両刑事が、このあたりの情報屋亀井をしめあげて、天風組のボス坂巻殺しの兇器であるベレッタ25口径拳銃の行方を聞き出そうとしていた。光和会のライバル天風組は、数年前から小ぜりあいを続けてきたが、坂巻の死で懐滅状態におちいっていた。そして清次は、この坂巻の一番の部下で、網走刑務所をでるとすぐボス殺しの犯人を求めてこの町にやってきたのだった。意を決した清次は、その夜坂巻とは兄弟分のボス赤塚を訪ねて、坂巻の娘光江が赤塚にあずけていたシマを返せと迫ったが、赤塚にははじめからシマを返す意志はなかった。清次は雪子が、赤塚に通じていると見て、激しく雪子をせめた。が事情を聞くと光江と雪子は腹ちがいの姉妹であった。その後雪子と清次は、協力して坂巻殺しの真犯人をみつけだすことを誓った。まず、雪子が赤塚組に壷振りの腕を売りこんで様子を探り、ついで、清次が乗りこんで、赤塚組が奪った坂巻のシマと清次の命を賭けてサイコロで勝負を挑んだ。勝負は雪子の巧みなイカサマ・サイで清次が一方的に勝った。怒った赤塚は清次に拳銃をむけた。それはまぎれもないベレッタ拳銃であった。赤塚が真犯人だったのだ。怒りをこめた清次と雪子のドスが躍った。と同時に、赤塚のあとを執ようにつけてきた木下刑事らがふみこみ、赤塚らは一網打尽となった。ふとしたことから清次が光江を愛していることを知った雪子は負傷し病院で眠りつづける清次を後に、みたされぬ心のまままたあてのない流浪の旅に出ていくのだった。

作品データ

製作年
1965年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
86分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?