社長行状記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

社長行状記

1966年1月3日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「日本一のゴマすり男」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「続社長忍法帖」の松林宗恵が監督したサラリーマンもの。撮影もコンビの鈴木斌。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

既製服の大メーカー栗原サンライズの社長栗原弥一郎は、不況を克服するため、“サンライズ・バイタリティ”で立ち向かおうと意欲満々である。営業部の不安を他に、社長自から紳士服の積極的販売にのりだしたが、競争会社の大阪衣料が、中部一帯に強力な販売網をもつ尾張屋デパートに喰い入り、サンライズの地盤をきりくずしにかかったのを知った弥一郎は、直ちに後藤常務、佐々営業部長、小島秘書課長と共に名古屋にくり込み、強力な提携を結ぼうと尾張屋デパート社長小田中を料亭に接待した。だが名古屋芸者一二三は、小田中をそっちのけで、弥一郎にベタ惚れ、弥一郎もつい浮気の虫がはい出して、目尻を下げてしまった。これで折角の親睦もチョン。弥一郎も仕方なく大阪パンドラのマダム町子を訪ねた。だが町子は先客に口説かれている最中であった。意気消沈した弥一郎だが、先客がフランス一流のファッションデザイナー・チオールの日本支配人安中と聞いて、商売気がもりあがった。世界一のデザイナー・チオールと技術提携して、漸新なファッションで販売網を獲得しようとしたのだ。一考を案じた弥一郎は、美人秘書原田伸子を使って安中を口説こうとしむけた。効果、てきめん伸子に魅せられた安中はチオール夫妻が来日するという朗報を伝えた。だが安中は、伸子に本気で結婚を迫まった。伸子は困り果てた末、秘書課長小島を婚約者に仕立て、サービスにつとめる内、現われた小島の妻の手前、話は合わぬし、安中にはばれて大騒動。そんな中で弥一郎は、チオール夫妻を迎えた。特に佐々部長は大ハッスル。夫妻の望むパールアイランド、二見ケ浦を中心に、即日大接待旅行へと向った。

作品データ

製作年
1966年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?