四つの恋の物語(1965):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
四つの恋の物語(1965)
四つの恋の物語(1965)

四つの恋の物語(1965)

1965年12月29日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

源氏鶏太原作“家庭の事情”より、「青春のお通り」の三木克巳が脚色、「悲しき別れの歌」の西河克己が監督した女性もの。撮影は「泣かせるぜ」の岩佐一泉。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

三沢平太郎が定年退職した夜、四人の娘は菊ごはんで祝ってくれた。妻なきあと、男手一つで育てた四人の娘。長女の一代は結婚に破れたが、二美子にはきまった相手がいるし、三也子は快活、志奈子も素直な娘で、何も心配はいらなくなった。平太郎は退職金を五十万円ずつ分配すると、経済的責任から解放され、自分の生活を楽しもうと宣言した。五十万円ずつもらった四人の娘は、その使途もまちまちであった。一代は喫茶店の経営を考え、二美子は婚約者の長田の商売を助けるため、そっくり与え、志奈子は競馬に賭けた。三也子は、その頃見知らぬ青年から花束を送られ、五十万どころではなかった。青年は平太郎と同じ会社に勤め、同じビルの花屋に勤める志奈子のもとから花束を贈っていたのだ。志奈子の奔走もむなしく、数日後青年は平太郎を訪れ、正体を現わした。平太郎の会社の重役尾崎の息子で、三也子に一目惚れしたのだ。いつもの三也子に似ずはしゃぐ姿を、訪ねて来た久保隆太は驚きの目で見た。数日後、志奈子と一緒に競馬場に行った三也子は、帰途尾崎に誘われドライブを楽しんだ。同じ時、隆太は、チンピラ学生と喧嘩したあげく、病院にかつぎこまれた。隆太の母親代わりと自認する三也子は病院にかけつけたが、尾崎の面影は去ることがなかった。隆太は病床で尾崎の存在を知り、初めて三也子への愛の深さを知った。心痛に泥酔する隆太をよそに、四人姉妹は尾崎の出るサーキットへと出かけた。だが二美子はそこでレーサー姿の女性と親しくする長田を見て心を痛めた。しかも長田はその女性と恋愛関係にあるというのだ。二美子にとって、その日は暗い日となった。数日後、隆太の老母が上京し、三也子を隆太の嫁にと平太郎を訪れた。その日、三也子は尾崎からプロポーズされ尾崎の両親に会っていた。迷う三也子に、一代は結婚は愛情だけではないと説いた。再び隆太が入院した。組合工作がばれて、工員に袋叩きにあい負傷したのだ。子供っぽい隆太に怒りながらも、三也子は看病にいそしんだ。そんな純粋な心に打たれた姉妹は、それぞれ建設的な人生を歩むことを決心するのだった。一方平太郎は金めあてで、つきあう芸者玉子をすて、娘たちのもとへ帰って来た。二美子も、長田と別れ、一代も志奈子と念願の喫茶店を経営。三也子は隆太と新しい門出をした。

作品データ

製作年
1965年
製作国
日本
上映時間
0分
製作会社
日活

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?