網走番外地 荒野の対決|MOVIE WALKER PRESS
MENU

網走番外地 荒野の対決

1966年4月23日公開,89分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

伊藤一の原案を、「日本ゼロ地帯 夜を狙え」の石井輝男が脚色監督した“網走番外地”シリーズ第五作目。撮影もコンビの稲田喜一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、網走刑務所から橘と秀が出所した。そして、二人がぶらりとやって来たのが、道南射撃大会。これに出場した橘は、決勝戦で、射撃の名手鮫島を破って見事優勝し、賞品の仔馬を手に入れた。だが、橘は銃の操縦もろくに知らない素人。橘の優勝は、実は、橘の影で銃を発射した栗田のお蔭であった。栗田は、賞金欲しさに橘に加勢したのだ。そこへ事の真相を知った鮫島もやって来て、栗田と激しい殴り合いを展開した。しかし、もともと鮫島も栗田も気性のさっぱりした男。橘、秀をまじえた四人は、仲直りし、祝い酒に酔いしれた。そこへ、信という男がやって来て、賞品の仔馬の売買を申しでた。ところが、この男、仔馬を連れていったまま姿をくらましてしまった。怒った橘は鮫島と共に仔馬を探しに歩き、悪名高い権田牧場で目的の仔馬を発見した。梅田は、ならずものを狩り集め、老舗の原口牧場に対抗してセリ市の委員長の職を狙い、北海道の馬相場を一手に握ろうと、手段を選ばぬ画策をしていた。橘らはこの事情を知り、原口牧場に加勢して、権田に対抗した。ところが権田は、橘の仔馬を射殺し、セリ市では、ならず者を使って客を脅迫した。が、この混乱を救ったのは、網走を出所したばかりの鬼寅であった。鬼寅の貫禄の前に一時は沈黙した権田だったが、それも長くは続かなかった。権田は、原口牧場の売却済みのサラブレッドを全部毒殺してしまった。たまりかねた橘と網走帰りの男たちは、権田牧場に折り込んでいった。だが、いち早く、鮫島の銃が権田を狙っていた。鮫島は、以前権田が卑劣な手段で、略奪した島本牧場の一人息子で、権田に復讐する機会を狙っていたのだ。しかし、その権田の前に一人娘秋子が立塞り、橘も秋子をかばって銃口に身をさらした。遂に鮫島もおれて、銃を捨てた。権田一味は逮捕され、橘は平和を取りもどした牧場を後に、荒野に馬を駆って去っていった。

作品データ

原題
The Bullet and the Horse
製作年
1966年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?