花嫁吸血魔|MOVIE WALKER PRESS
MENU

花嫁吸血魔

1960年8月27日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

長崎一平の脚本を、「地下帝国の死刑室」の並木鏡太郎が監督した怪奇映画。「太陽と血と砂」の吉田重業が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

白井藤子、篠原英子、滝内喜代子、玉木里枝、光武早苗は“ニュー東京舞踊学佼”の友達である。新聞記者大田が英子から藤子に気移りしたため、藤子は英子から憎まれた。大田の同僚光武に首ったけの里枝も、光武が藤子を愛していることを知って藤子を憎んだ。喜代子は自分の代りに藤子が映画のヒロインに選ばれたので、藤子を憎んだ。ピクニックの途中、藤子は彼女を憎む三人の計画通り、崖から突落された。一命はとりとめたが、女優の道は断たれ、母は自殺した。母の遺書により藤子は山奥の陰陽師である影山家を訪ねた。曽祖母は藤子に復讐を迫り、一度死んだ藤子の身体に呪文をかけた。死体は動き、牙や爪が生えた怪物に変貌した。東京ではコンテストが開かれ、映画スターの喜代子、モデルの英子も列席した。二人は登場した影山小夜子が藤子と瓜二つなのに驚いた。大田は小夜子を訪ね、藤子に抱いた思いをとげようとした。小夜子は轟音とともに怪物に化し、大田は喉をかみ切られて死んだ。英子も同様に死んだ。喜代子は作曲家と結婚したその夜ホテルの一室で噛み殺された。光武と婚約中の里枝は怖くなった。光武は小夜子を訪ね、かつて藤子を深く愛したことを語った。小夜子は過去を忘れ、里枝のよい友達になることを約束した。しかし小夜子の優しい心は曽祖母には通ぜず、彼女は怪物と化して文金島田の里枝に飛びかかっていった。

作品データ

製作年
1960年
製作国
日本
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?