危険な道|MOVIE WALKER PRESS
MENU

危険な道

1965年7月24日公開,165分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェームズ・バセットの原作をウェンデル・メイスが脚色、「枢機卿」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した戦争ドラマ。撮影は「シェーン」のロイヤル・グリグス、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「サーカスの世界」のジョン・ウェイン、「5月の7日間」のカーク・ダグラス、「西部開拓史」のヘンリー・フォンダ、「ハッド」のパトリシア・ニール、「枢機卿」のトム・トライオン、「マリアンの友だち」のポーラ・プレンティス、ほかにブランドン・デ・ウィルデ、ジル・ハワース、ダナ・アンドリュース、バージェス・メレディスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1941年12月7日、真珠湾は日本の総攻撃をうけた。停泊中だった巡洋艦セントポール号のトリー艦長(ジョン・ウェイン)は日本艦隊追撃の命令をうけて出撃したが魚雷をうけて損傷、それもトリーが命令のジグザグコースをとらなかったことが原因だったため、陸上勤務を命ぜられ査問会に附されることになった。そのとき負った重傷を海軍病院で手当てをうけているとき、看護婦マギー大尉(パトリシア・ニール)と知りあった。トリーの別れた妻の息子ジェレマイア(ブランドン・デ・ウィルデ)がマギーの部下の看護婦アナリー(ジル・ハワース)と恋仲であることをマギーから聞かされ、数年ぶりで息子と再会した。トリーは息子が世間をうまく渡ることしか考えない青年であることを悲しんだ。太平洋艦隊司令長官(ヘンリー・フォンダ)はかねてからトリーを信頼しており反攻作戦を一任することにきめた。そのころ基地でピクニックが行なわれ、アナリーが礁湖で泳いでいたとき、セントポール号の副長エディントン(カーク・ダグラス)に犯された。彼女はそれを恥じて自殺した。トリーはその悲しい知らせを息子に伝えた。そのことで父と子の間に新しい愛情が芽生えた。その頃、逼迫した戦局にあってどうしても日本艦隊の所在を知る必要がトリーにはあった。エディントンは単身偵察機を操縦してその所在を確認、無電で伝えたとき撃墜されて死んだ。罪滅ぼしのつもりだったのだ。トリー提督は激しい海戦の末勝利をおさめたが多くの犠牲者も出した。トリー自身、片足を失い、その味方の莫大な損害を確認したとき、軍法会議にかけられるものと覚悟していたが、太平洋艦隊司令長官が新しくトリーを訪れ、トリーを内地に送還、義足で機動部隊を指導させることにした。彼のそばにはマギーの優しい看護の姿があった。

作品データ

原題
In Harm's Way
製作年
1965年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
165分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2008/1/16

     嘗ての日本帝国海軍の栄光を夢見させてくれるこの映画は、1965年に制作されているのにもかかわらず、白黒で撮られている。白黒であることは、確かに、戦闘場面では何かしらのドキュメンタリー性が出ていいのであるが、その他の戦争にまつわる人間ドラマという点では、如何にも五十年代風で時代遅れという感じを免れない。しかも人間ドラマのストーリーが、恐らく原作が良くないのであろう、如何にも映画のフォーマットに合わせたつぎはぎという印象を否めない。更には、ジョン・ウェインが主役なので、僕にはどうしても西部劇の感覚を押し殺せないのである。
     監督のO.プレミンジャーの軍隊ものということでは、1956年作で、G.クーパー主演の『軍法会議』の方がまだ質が上である。この映画で、1920年代に既に大鑑巨砲主義が時代遅れで、次の世代は航空戦略であると唱える者がいたことが良く理解でき、そして、その者の道が当時如何に険しいものであったかが良く描かれている。また、真珠湾攻撃前後の時期をテーマとしたもので、謂わばアメリカ軍の当時の内部的なゆがみを告発したものとして名画に数えられるのは、F.ジンネマンの『地上より永遠に』(1953年作)である。M.クリフトとB.ランカスターの好演が光っていた。これに比べれば、『危険な道』は、それなりにK.ダグラスなどの有名俳優を置いてはいるが、その格がやはり数等落ちることは否めないであろう。
     さて、この映画は真珠湾攻撃から始まり、ミッドウェー海戦は省き、アメリカ軍の対日本への反撃が本格的に始まったガダルカナルの戦いの初期がこの映画のクライマックスとなる。映画の中では、はっきりとガダルカナル島などの言葉が出てはこないのであるが、前後の文脈からはそう判断でき、問題の海戦は恐らくは第一次ソロモン海戦をモデルとしたものであろう。アメリカ側が7隻の艦艇と魚雷艇部隊で応戦するのに対して、日本海軍は合計17隻の大艦隊で攻撃を仕掛ける。12隻の駆逐艦と4隻の巡洋艦、そして一隻の大戦艦がこの艦隊を率いる。何とこの大戦艦こそは、あの大和なのである。あの、痛恨の大和の最期の運命を知る者は、この架空の海戦にある種の快感を禁じぜるを得ない。確かに不謹慎なことではあるが、歴史に「もし仮に」という空想もまた許されるのであるとすれば、ここはこれでご容赦を願おう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告