赤線区域|MOVIE WALKER PRESS
MENU

赤線区域

1953年9月7日公開,39分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

売春問題の研究家神崎清の報告書を新人沢賢介が脚色、監督に当り、上原雄二が撮影した。製作は「肉体の白書」の佐藤肇で出演者は劇団東芸の俳優が中心となりNHKの館野守男が解説を担当している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

荒川の細民街に住むユキは派手な身なりの中年女に誘われ、熱海の料理屋に女中勤めをする事になり、友達の節子と千代も加った。ところが三人は簡易旅館に連込まれ、勇敢なユキは挑みかかる見知らぬ男を突飛し、窓から飛降りて遂に逃れた。他の二人は犯された上、売飛ばされ闇の女に堕ちた。一年後節子は重病の体で路上に発見され、住替させられた千代の行方は到頭分からなかった。

作品データ

製作年
1953年
製作国
日本
配給
新東宝
上映時間
39分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?